Photo & Essay

◎  大雪山(2) 

旭岳の続きです。(9/20)


1IMGP2940.jpg

こんな道を歩きます。
石がごろごろしたアップダウンもありました。



2IMGP2927.jpg

もう少し寒い夜が続けば、
真っ赤になりそうなナナカマドもあります。
手前はハイマツ。

標高は1600mほどですが、
緯度が高いから、
森林限界を超えていて、
高木はありません。
灌木ばかりです。


3IMGP2994.jpg

しかし、
こんな風に枯れてしまった木の方が多いようです。



4IMGP2939.jpg

ミヤマアキノキリンソウ(秋の麒麟草) キク科

花は終わって、
綿毛のような種になっています。



5IMGP2942.jpg

小さな池、
「摺鉢池」です。



6IMGP2945.jpg

すぐ隣に少し大きめの池、
「鏡池」があります。



7IMGP2948.jpg

上に載せた大小2つの池を、
まとめて、
「夫婦池」と呼ぶそうです。
(どっちが「夫」でしょうねぇ?)



8IMGP2946.jpg

大雪山は太古に噴火した火山です。
人が積み上げたかと思うような岩もあります。

気温は12℃。
台地は広々としていて、
つめたい風が吹き抜けます。
カッパの上着を着て歩きました。


◎  大雪山(3) 

旭岳の続きです。(9/20)

「花も紅葉もなかりけり」の状態なのですが、
花たち(咲き終わった後)の写真をまとめました。


1IMGP2983.jpg

紅いのはチングルマの葉、草紅葉です。
右下の白いのがチングルマの花のあとの穂です。
右上の白いのがシラタマノキの白い実です。



2IMGP2984.jpg

チングルマ(稚児車) バラ科

バラ科(チングルマやナナカマド)は紅葉し、
シラカバやダケカンバなど樺の木は黄葉し、
ハイマツの緑とで、
赤黄緑の3色が高原の秋を飾るのだそうですが、
まだ時期尚早でした。



3IMGP2928.jpg

シラタマノキ(白玉の木) ツツジ科



4IMGP2958.jpg

シラタマノキの群生。



5IMGP2967.jpg

姿見展望台。
今日の最高地点(1670m)です。
旭岳山頂(2291m)へは、
ここから登ります。



6IMGP2971.jpg

展望台から見下ろした「姿見の池」です。
白煙は噴気口です。
この白煙の向うに旭岳があるはずですが、
霧で見えません。

晴れていれば、
この池に旭岳の姿が映るはずですが・・・



7IMGP2972.jpg

姿見の池。
噴煙と反対側です。

ここで、
散策コースの半分ちょっとです。
ここからは下りになって、
ロープウエイ駅へと向かいます。


◎  大雪山(4) 

旭岳の最終回です。


1IMGP2980.jpg

緊急避難小屋。
昨日載せた姿見展望台の隣にありました。
ガイドマップには、
「休憩可、トイレなし、宿泊できません」
と書いてありました。



2IMGP2988.jpg

ちょとだけ霧が晴れたようです。



3IMGP2991.jpg

また霧です。
ロープウエイの駅に向かっています。



4IMGP2993.jpg

色がついているのはナナカマドだと思いますが、
紅いのか、茶色なのか、はっきりしません。



5IMGP3004.jpg

霧の中をロープウエイで麓に降ります。



6IMGP3016.jpg

下界は晴れていました。
向うに山が見えているので、
北海道らしくない風景かも知れませんが・・・

バスでホテル(層雲峡温泉)に向かいました。
2時間ほど走って、
着いた時は暗くなっていました。

層雲峡温泉は始めてですが、
癖のない、
いいお湯でした。 


◎  大雪山(5) 

大雪山の2日目(9/21)です。


1IMGP3019-2.jpg

朝からよく晴れました。
ホテルの部屋の窓からの眺めです。
雲も秋らしくなりました。

今日の予定は、
*銀泉台(トレッキング)
*銀河・流星の滝(見物)
*黒岳5合目(ロープウエイ)
です。



2IMGP3026.jpg

まず銀泉台に向かいます。
あとは山道になります。



3IMGP3056.jpg

登山道の右側の斜面が紅葉で有名だそうです。
頭の中で、
赤、黄、緑に染め分けた景色を想像しました。



4IMGP3098.jpg

山の斜面よりも空がきれいです。



5IMGP3073.jpg

バスガイドが、
「ナナカマドに実がつかない」
といっていました。
たまたま赤い実を見つけて撮りましたが、
殆どの木に実がついていません。

この木だって、
葉は枯れているし、
赤い実も、
ちょこっとしかついていませんでした。



6IMGP3095.jpg

オトギリソウの実。



7IMGP3146.jpg

地元ガイドが、
遠くの山の稜線を指して、
あれが凹岳、隣が凸岳・・・と説明しますが、
どうせ覚えられないので、
聞き流して、
空の雲を撮っていました。



8IMGP3167.jpg


今回見た唯一の万年雪です。

歩いたコースは赤岳登山道なのですが、
紅葉の名所のちょっと上まで登って、
折り返しました。


◎  大雪山(6) 

2日目の続きです。


1IMGP3202a.jpg

銀泉台から降りたあとは、
層雲峡の滝見です。

滝は沢山ありますが、
有名な2本だけ見ました。
これは「流星の滝」
優雅な滝で、
「女滝」とも呼ばれるそうです。

見方はいろいろあるでしょうが、
ウエストがちょっとくびれて、
膝を曲げているようにも見えますが・・・



2IMGP3180.jpg

「男滝」とも呼ばれる「銀河の滝」です。
水量のせいもあるかも知れませんが、
面白みがありません。

やっぱり「女滝」の方がよいです。。。



3IMGP3172.jpg

滝が落ち込んでいる川、
石狩川です。
奥入瀬と感じが似ています。



4IMGP3188.jpg

カエデ。



5IMGP3195.jpg

ダイセツトリカブトの実。



6IMGP3189.jpg

ダケカンバのシルエット。

日暮れではありません。
真昼です。
写真の中央上部に太陽があるのです。


◎  大雪山(8) 

大雪山の3日目(9/23)です。
この日は「大雪高原沼めぐり」です。


1IMGP3269.jpg

ホテルからバスで、
大雪高原山荘へ。
ここには食堂、温泉、休憩室などがあります。
「池めぐり」のあと、
温泉で汗を流しました。

今、山荘を撮っている位置の左側に、
管理事務所があって、
池めぐり、つまり山道に入る人は、
必ずそこを通らなければいけません。
通って、何をするかというと、
ヒグマについての説明を受けるのです。

大雪山をアイヌの人たちは
「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」
と呼んだそうで、
その「神々」とはヒグマのことです。
ヒグマの庭に、
人間が入らせてもらうのです。

ヒグマは人間を怖がるそうです。
だから、人の気配があれば、
隠れるそうです。
何気なく通る道のすぐ脇に、
ヒグマが隠れているかもしれないのです。

人の気配を感じさせるためには、
話し声や鈴の音などが有効です。

万一ばったり出あったら?
走って逃げてはいけない。
一番速い人がやられるそうです。
にらみ合って、
立ち去るチャンスを狙うこと。
何かを与えて、(食べ物は絶対不可)
ヒグマがそれに興味を示しているうちに立ち去る。
(そんなことできるのでしょうか?)

そんな怖い注意を受けてから山道に入ります。



2IMGP3274.jpg

コースの途中に細い川があります。
その名は「ヤンベタップ川」
覚えられない名前です。



3IMGP3302.jpg

最初に立ち寄った小さな沼。
「土俵沼」です。



4IMGP3309.jpg

土俵沼の水草。
花の時期でないから、
葉っぱだけですが、
ミツガシワ(三槲 ) ミツガシワ科



5IMGP3318.jpg

次の沼「芭蕉沼」です。



6IMGP3316.jpg

池に浮かんでいた水草がきれいでした。
ガイドさんに「何ですか?」と聞きましたが、
「知りません」との答えでした。



7IMGP3324.jpg

三つ目の沼「滝見沼」です。
滝は見当たりませんでしたが・・・



8IMGP3333.jpg

滝見沼の隅っこです

最後が「緑沼」なのですが、
それは次回に。


◎  大雪山(9) 

「大雪高原沼めぐり」の続きです。
そして「大雪山紀行」の最終回です。


1IMGP3338.jpg

今回の「池めぐり」の目的地、
そして最大の沼「緑沼」です。

この先にもまだ沼が点在しているので、
1周して、
出発地に戻るコースもありますが、
私たちは、
ここで折り返して、
戻りました。

以下の3枚も「緑沼」です。



2IMGP3355.jpg



3IMGP3341_20121002220559.jpg



4IMGP3378.jpg



5IMGP3380.jpg

「緑沼」から望む「緑岳」です。

同じ道を戻り、
さっきの山荘で昼食、温泉、休憩をして、
帰路につきました。

途中の写真がないのは:
ひとつは、
細い1本道で、
団体同士のすれ違いがあるため、
立ち止まれないこと。
ふたつには、
林の中のコースなので、
広い景色が見えなかったこと。

その林は、
紅葉のトンネルのはずだったのが、
緑のトンネルをでした。



6IMGP3391a.jpg

「大雪高原山荘」を出発して、
途中で立ち寄った「三国峠」からの眺めです。

同名の峠は、
新潟県と群馬県の境にもありますが、
その名は、
附近にある「三国山」に由来するそうです。

北海道の「三国峠」は、
旧地名の石狩国・十勝国・北見国、
3国の境界付近にあることによる命名だそうです。

標高は1,139mで、
自動車の通行が可能な峠としては、
北海道で最も高いところにあるとのこと。



7IMGP3410.jpg

三国峠のあと、
もう1ヶ所、道の駅で、
トイレ休憩をしました。
そこで、今シーズン最後といわれた、
「茹でトウモロコシ」を食べました。
美味!!!

北海道への到着は「旭川空港」でしたが、
帰りは「とかち帯広空港」でした。
空港に到着したときには、
雲が赤く染まり、
街灯が点っていました。

飛行機は定刻に出発。
定刻に羽田空港到着。
羽田では
雨がやんでいましたが、
家につく頃は、
土砂降りになっていました。
(天候に恵まれた旅だったのに!)


---完---



back to TOP