Photo & Essay

◎  新宿御苑は花盛り 

19日、新宿御苑に行きました。
HPには「桜(陽光、枝垂れ桜など)が見頃」とありました。

平日なのに、
かなりの人出です。
年寄りが多いですが、
若い人もいました。
それに外人さんも。。。


1IMGP7564.jpg

新宿門に近い「陽光」の木に行ってみると、
大勢が取り囲んで、
撮影中です。



2IMGP7540.jpg

脇の方から4色撮影。
手前から、
白いのがユキヤナギ、
黄色いのがチョウセンレンギョウ、
緑(黄緑)がハチジョウキブシ、
そしてピンクがサクラ(陽光)。


3IMGP7561.jpg

ユキヤナギ(雪柳) バラ科



4IMGP7544.jpg

ユキヤナギとチョウセンレンギョウを、
若いカップルが座り込んで撮影中です。



5IMGP7553.jpg

彼らが去ったあとで、
同じ場所にしゃがんでみました。
彼女は多分、アップで撮っていたのでしょうが・・・

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹) モクセイ科



7IMGP7542.jpg

ハチジョウキブシ(八丈木五倍子) キブシ科



6IMGP7548.jpg

サクラ(陽光) バラ科


◎  ボケ 

新宿御苑では、
ボケ(木瓜 バラ科)が咲き始めていました。

木瓜咲くや漱石拙を守るべく   漱石
という句があります。

漱石の「草枕」の一節を読むと、
句の意味が分かるような気がしますので、
下に引用します。

木瓜は面白い花である。
枝は頑固で、かつて曲った事がない。
そんなら真直かと云うと、けっして真直でもない。
ただ真直な短かい枝に、真直な短かい枝が、
ある角度で衝突して、斜に構えつつ全体が出来上っている。
そこへ、紅だか白だか要領を得ぬ花が安閑と咲く。
柔かい葉さえちらちら着ける。
評して見ると木瓜は花のうちで、愚かにして悟ったものであろう。
世間には拙を守ると云う人がある。
この人が来世に生れ変るときっと木瓜になる。
余も木瓜になりたい。



1IMGP7593a.jpg

赤いボケも咲いていましたが、
これは通路から遠い奥の方にありました。

通路のすぐ脇には、
漱石がいうところの紅だか白だか要領を得ぬ花が咲いていました。



2IMGP7588.jpg

1本の木の1本の枝に、
どうして紅だか白だか要領を得ぬ花が咲くのでしょう?



3IMGP7591.jpg

1本の木に、
紅白それぞれや、
混じりの花が咲くのは、
ボケだけでなくて、
ツバキやハナモモにもあることですが、
紅だか白だか要領を得ぬ花が「安閑と咲く」という感じは、
ボケならではかも知れません。



4IMGP7596.jpg

木瓜は花のうちで、愚かにして・・・
漱石先生にそういわれると、
そんな気がしてきます。

梅や桜はもっと賢い感じがしませんか?
ソメイヨシノなんか、
優等生の顔をしていませんか?



5IMGP7595.jpg

愚かにして悟ったもの。
漱石がなりたいくらいの花ですから、
漱石より遥かに愚かな私は、
もっと木瓜に憧れます。


◎  枝垂れ桜 

19日、新宿御苑に行ったとき、
染井吉野は咲き始めてはいるものの、
まだ見頃ではなく、
枝垂れ桜が見頃を迎えていました。


1IMGP7697.jpg




2IMGP7702.jpg




3IMGP7714.jpg




4IMGP7722.jpg




5IMGP7729.jpg


今日は用があって川越市に行きました。
曇りの予報なので、
あまり写真を撮る気もなく、
コンデジを念のため持参しました。

午後になって、
薄日が射してきたので、
中院にいってみました。

この寺は枝垂れ桜が有名なのです。
青空でないのが残念ですが、
光も少しは当っているし、
花もいいし、
カメラを向けてシャッターを押しました。

液晶画面に赤い文字が点滅しています。
「カードが入っていません」
エーッ〜まさか!
ほんとに入っていません。
この間抜いて、
入れ忘れていました。

実はつい先日、
このカメラで撮ろうとしたら、
「バッテリーがありません」
と赤い文字が出たのです。
それで今日はしっかり充電して出かけたのに・・・

昨日載せた「ボケ」のせいではないかと
疑っています。


◎  御苑の桜 

1IMGP7742.jpg

花に惹かれて。



2IMGP7626.jpg

春日遅々。



3IMGP7662.jpg

2人の春。



4IMGP7669.jpg

春の夢。



5IMGP7763.jpg

「オー、ビューティフル!」



6IMGP7766.jpg

高遠小彼岸桜のある風景。


◎  御苑散歩 

1IMGP7566.jpg

紫陽花の新芽。



3IMGP7583.jpg

松の葉。


4IMGP7643.jpg

「於牣魚躍」
(魚満ちて跳ね躍る)

天子を礼賛する言葉だそうです。
台湾閣入り口脇の丸窓です。



4IMGP7639.jpg

台湾閣。

皇太子時代の昭和天皇が結婚されたとき、
台湾在留邦人から贈られた台湾風の建物だそうですから、
「天子礼賛」は頷けます。



5IMGP7684.jpg

青空に寄り集う桜。



6IMGP7741.jpg

鈴懸の並木。

新宿門脇のインフォメーションセンターで
御苑を撮った作品の写真展をやっていました。
その中で、何枚かがこの並木を撮っていましたので、
そのせいと思いますが、
ここを通る人はみんな1枚パチリと撮っていました。
私もつられて・・・


◎  御苑散歩(続) 

1IMGP7534.jpg

ハクモクレン。



2IMGP7587.jpg

ヤナギ。



3IMGP7670.jpg

サクラとハナモモ。



4IMGP7783.jpg

メタセコイア。



5IMGP7780.jpg

ヒボケ(緋木瓜)とサクラ。



6IMGP7787.jpg

ヒマラヤヒザクラ(ヒマラヤ緋桜)。



7IMGP7767.jpg

・・・・・。


◎  新宿御苑秋景 

11月5日の写真です。
立冬が7日でしたから、
暦の上でも、
まだ秋でした。


1IMGP6613.jpg

クチナシ(山梔子)。



2IMGP6615.jpg

サザンカ(山茶花)。



3IMGP6617.jpg

イロハモミジ。

ここ数日の冷え込みで
赤くなり始めているでしょう。



4IMGP6619.jpg

ジュウガツザクラ(十月桜)。



5IMGP6624.jpg

ヒボケ(緋木瓜)。



6IMGP6641.jpg

ユリノキ。


◎  ハハハハハ 

笑っているわけでありません。

式で表すと、
ハハハハハ=葉×5種類
ということです。


1IMGP6642.jpg

新宿御苑の温室。

ここで観葉植物の葉を撮りました。



2IMGP6659.jpg





3IMGP6663.jpg





4IMGP6673.jpg





5IMGP6678.jpg





6IMGP6686.jpg



back to TOP