Photo & Essay

◎  秩父羊山公園(1) 


4月28日〜29日
「花の旅」に行ってきました。
埼玉、群馬、栃木、千葉
関東4県を廻るバスの旅でした。

広範囲を廻ったわりには
お土産(写真)が少ないのですが
アップしていきます。

最初の訪問地は秩父市の羊山公園
芝桜の丘です。
(今日は公園に着くまで)


1IMGP4761.jpg

芝桜の丘は何度も行っていますが
バスツアーで行くは初めてです。

出発の頃はどんより曇っていたのに
バスが駐車場に着いた時には晴れて日が射していました。

バスを降りると
すぐに記念写真を撮るとのことで
用意されている雛壇みたいなベンチに並びました。
背景には 
記念になるような風景はありません。
不思議に思いながらも
どうせ買わない写真だからと・・・

記念写真の撮影が終わると
公園に向かって歩き始めました。
左側に山吹の黄色い花が続きます。


2IMGP4762.jpg

八重桜も咲いていました。
正面に秩父のシンボル
武甲山が見えてきました。


3IMGP4764.jpg

新緑の中をぞろぞろと
つながって歩いていきました。

この先に
土産物屋が並び始め
やがてゲートがあって
芝桜の丘になります。

◎  秩父羊山公園(2) 


芝桜の丘に到着です。

両側が丘になっていて
丘の間の斜面と底面に
芝桜が植えてあります。

きれいに咲いている部分もありましたが
まだ開いていない部分もありました。


1IMGP4772.jpg

一方の丘に昇りました。
開花が早い方の斜面を見ています。

芝桜の名所は
全国に沢山あるそうで
他はみんな
ここより広いそうです。

ここは狭いけれども
色の配置とデザインがよくて
人気があるそうです。

ご自慢のデザイン
疎らな色がありました。


2IMGP4801.jpg

武甲山を入れて撮りましたが
麓側の開花が遅れていて
淋しいです。


3IMGP2586.jpg

これは古い画像です。

今回はバスツアーでしたから
グルッとひと回りしたら
バスに戻らなければなりません。
いろんなチャンスを待つ時間的な余裕がありませんでしたので
古い写真を引っ張り出してきました。


バスに戻ると
入り口に
先刻撮った集合写真の見本が展示してありました。

撮ったときの背景は林で
こんな所で撮って
芝桜の記念写真になるのだろうかと思ったのですが
それが
芝桜の丘の斜面
それも満開の芝桜が
背景になっていました。。。

◎  さくらの里(1) 


秩父羊山公園の次は
妙義山の「さくらの里」に向かいました。

下仁田町のHPには
妙義山の南面山麓に広がる斜面一帯を利用して園地にしています。
面積は約47ha、
園内には歩道や四阿が整備されているほか、
・・・・・・・・・・・・・・

とあります。

「南面山麓」と書いてありますが
バスはかなりの高さまで
山道を登りました。


1IMGP4846.jpg

八重桜が見頃でした。 
染井吉野も多いようでしたが
これは完全で葉桜になっていました。


2IMGP4829.jpg

大きな紅枝垂れがきれいでした。


3IMGP4840.jpg

躑躅が開き始めていました。

◎  さくらの里(2) 


妙義山麓に広がる「さくらの里」
4月28日の撮影です。


1IMGP4838.jpg




2IMGP4851.jpg




3IMGP4856.jpg




4IMGP4859.jpg


山の斜面に道をつけ
道沿いや斜面に
桜が植えてあります。

駐車場は最上部にありますから
坂道を下りながら
花を見て
最後には来た道を登って
戻らなければなりません。

帰りを考えながら
行き過ぎないように
気をつけながらの散策でした。

◎  さくらの里(3) 


妙義山麓「さくらの里」の最終回です。


1IMGP4877.jpg



2IMGP4861.jpg




3IMGP4874.jpg

桜と躑蠋を楽しんで
「さくらの里」に別れを告げました。

バスは
妙義山を下り
碓氷バイパスを通って
軽井沢駅の横を通り
中山道を西に向かいました。

さらに
日本ロマンチック街道を走り
鬼押出しを過ぎて
山道を登り
今夜の宿
万座温泉に到着です。

途中の軽井沢、妻恋では
車窓から
きれいな桜が見えました。

山を登ると
まだ春がきていません。
木々は枯れたままで
まだ新芽は動いていません。
4月28日のことです。


4IMGP4895.jpg

ホテルの中庭に残る雪です。

このホテルには露天風呂がありました。
湯船から見る山の斜面は
全面雪に覆われていました。

万座温泉の標高は1800mだそうです。

◎  あしかがフラワーパーク(1) 


2日目(4月29日)は
万座温泉を出発して
「あしかがフラワーパーク」に向かいました。

祭日の割には
すんなりと駐車場に入れました。


1IMGP4935.jpg

今の時期
最大のウリは大藤ですが
それは門から遠かったので
まずは
入ってすぐの藤です。


2IMGP4912.jpg

藤もありますが
躑蠋の華やかさに目を奪われました。


3IMGP4913.jpg




4IMGP4919.jpg


ここの入園料は
花の咲き具合によって変わるそうです。
4月29日がいくらだったか
添乗員まかせなので
分かりませんでしたが
今日(5月16日)は1200円になっています。

ちなみに
4月19日〜5月18日の期間は
900円〜1700円だそうです。

◎  あしかがフラワーパーク(2) 


「あしかがフラワーパーク」第2弾です。


5IMGP4924.jpg

赤い躑蠋で幕開けです。


6IMGP4927.jpg

紅一点。


7IMGP4930.jpg

石楠花。


8IMGP4945.jpg

春爛漫。

◎  あしかがフラワーパーク(4) 


「あしかがフラワーパーク」には
大きな藤棚が何ヶ所もあります。
その内のひとつです。


1IMGP4944.jpg

小高い所から
向うに大藤が見えました。
上から見ると草原みたいです。


2IMGP4979.jpg

近づいてみると
かなりの巨木です。
樹齢何年とか
どこかに書いてあったのでしょうが
見てありません。


3IMGP4973.jpg

藤のシャワー。

◎  ひたち海浜公園(1) 


「あしかがフラワーパーク」を出て
次にやってきたのは
「ひたち海浜公園」です。

ここはネモフィラで有名ですが
初めての訪問です。

広大な駐車場。
もっと広大な公園。

ここでも
許された時間は
60分位。

駐車場とネモフィラの丘との往復だけでも
かなり時間がかかりますから
実際に見ている(撮っている)時間は僅かなものでしたが
結果的には
それで充分でした。


1IMGP5053a.jpg

ネモフィラの丘に近づいていくと
ナノハナ畑がありました。

ナノハナ越しに撮りましたが
なんといったらよいのでしょうか
折角来たのだから
何枚かは撮らなければ・・・
みたいな気持ちでした。

見渡す限り同じ色の花。
そして大勢の人 人 人。
(4月29日「昭和の日」なのです)


2IMGP5061.jpg

ナノハナ畑を過ぎて
ネモフィラの丘だけを・・・

いくら行ったって同じだからと
丘の斜面の道を少し歩いて
戻ることにしましたから
時間が足りないことはありませんでした。


3IMGP5059a.jpg

帰り道で
ナノハナ畑を撮りました。

この二人
菜の花の海で何をしているのでしょうか?


---------------------------------------

今日は***科の医院に行ってきました。
いつも混んでいます。
待合室のベンチは満席になりました。
隣が空いたら
すぐに おばあさんが来て腰をおろしました。

プーンと匂います。
香水です。
好きな香でもありません。
それにちょっとキツいです。

これが若い女性だったのなら
「何よ。この匂い。キツ過ぎるよ!」
と内心思ったことでしょうが
なにしろおばあさんだから
許してあげることにしました。

推定では80代の後半くらい
そして
今どきのオバサン、オバアサンはたいていズボンなのに
この人スカートです。

お歳なのに(といっては失礼ですが)
オシャレです。
その若い気持ちに脱帽!

そのおばあさん
しっかりと顎紐を締めて
お帽子冠りっぱなしでした。


back to TOP