FC2ブログ

Photo & Essay

◎  紅梅 


1週間ほど前
久しぶりに新宿御苑に行きました。

新宿門脇のインフォメーションセンターで掲示を見ると
かなりの種類の花が「見頃」とか「咲き始め」とか書いてありました。

園内のマップに印をつけて
歩いてみましたが
騙された気分でした。

例えば「蝋梅が見頃」は
行って見ると枯れ木ばかり
咲いた後なのか
初めから咲いていないのか
わかりませんが・・・

池のほとりの「修善寺桜が咲き始め」は
行って見ると
確かに蕾は膨らんでいますが
花は見つからない・・・

そんな中
ぽつぽつ咲いていた紅梅です。


1IMGP2541.jpg

広々とした芝生の原に面して立つ
1本の梅の木
まばらに花が付いていました。


2IMGP2637.jpg

お茶室「楽羽亭」そばの梅林は
まだ咲いていませんでしたが
少し離れたところに1本
これもまばらな花付きでした。

◎  福寿草 


地図にチェックして行った福寿草は
確かに咲いていましたが
生垣に囲まれ
遠くて撮れません。

お茶室「楽羽亭」のそばにあったはずと思い
行ってみたら・・・
ありました。


3IMGP2646.jpg

まさに咲き始め


4IMGP2642.jpg

茎が短く
葉っぱが殆どない
こんな花が
そして蕾の色が
大好きです。

◎  寒桜 


寒桜が咲き始めていました。
まだ蕾がいっぱいで
その蕾を見ると寒緋桜に似ています。

調べてみたら
新宿御苑では「寒桜」と呼んでいますが
「熱海桜」とも呼ばれ
寒緋桜と山桜の雑種と推定されるそうです。


5IMGP2551.jpg

あまり大きくない木
日当たりの良い枝の花を撮りました。


6IMGP2606.jpg

中央休憩所近くにある大きな木です。
カメラを持った人が大勢で取り囲んでいます。
まだ花も少ないのに・・・
と思って行って見ると
狙っているのは花でなく
メジロでした。

真似して狙ってみましたが
静止しているものでも難しいのに
ちょろちょろ飛び回る小鳥は手に負えません。
それにレンズももっと長くないと・・・
この写真は大トリミングしました。

◎  台湾閣 


台湾閣に行きました。

この建物は
昭和天皇の御成婚を記念して
当時の台湾在住邦人の有志の方々から寄贈された建物で
建築家、森山松之助の設計により
昭和2年に竣工されました。
この建物は中国南方地方(福建省)の建築(ビンナン建築)と同じ様式で造られており
本格的中国風建築の日本における数少ない建物として
貴重なものと評価されています。

(新宿観光振興協会)


9IMGP2595.jpg

池越しに見る台湾閣

今二人が立っているところからは
先日アップした寒桜(メジロがいた)が正面に見えます。


10IMGP2587.jpg

1枚目の裏側に入り口があり
その脇にある透かし窓です。

文字は「於物魚躍」で
「ああ満ちて魚躍れりと」と読み
「天子を賛美する言葉」だそうです。

「於物」がどうしてそういう読み方になるのか不可解ですが・・・

人民から敬慕された古代中国・周の国の文王について
「文王が王宮の池にあれば、魚たちも集まり喜び跳ねる」という天子を賛美した詩文があるそうだが・・・

と解説した記事も見つけましたが
王様が池のほとりに立つことが
なぜ「於物」なのでしょう?

◎  池の鴨 


池にオシドリがいるだろうかと思い
行ってみましたが
泳いでいたのはカモばかり。


11IMGP2581a.jpg

おらおらでひとりいぐも


12IMGP2623a.jpg

みんなでいけばこわくない


これで新宿御苑はおしまいです。

◎  出発 


テレビで
神楽坂の赤城神社を紹介していたのを見て
行って見たくなりました。

折角だから少し歩いて
ということで西武新宿駅から歩きました。


1IMGP2156.jpg

西武新宿駅北口を出たところ


2IMGP2158.jpg

職安通りを進みながら
細い路地を撮ります。


3IMGP2166_20180220142727388.jpg

この辺りは韓国系の店が多いです。

◎  稲荷鬼王神社 


新宿山ノ手七福神を巡る時は
最初に参拝する神社です。
今回は七福神巡りでありませんが
立ち寄ってお参りしました。


4IMGP2169.jpg

この神社は
天保2年(1831)に
大久保村にあった稲荷神と
熊野から勧請されていた鬼王権現とを合祀し
稲荷鬼王神社となりました。

熊野の鬼王権現が現存しないため
「鬼王」の名を持つ唯一の神社となっているそうです。


5IMGP2179.jpg

本殿


6IMGP2170.jpg

水鉢

入り口の左側にあります。
大きな石の水鉢を頭に載せて・・・

可哀想に!
といつも思いながら
この鬼さんを撮っています。

◎  小路 


大通りを歩きながら
脇の小路を撮りました。


7IMGP2180.jpg

NTTドコモ代々木ビル


8IMGP2193.jpg

"caffe"


9IMGP2195.jpg

分かれ道

振り返って撮りましたから
写真の向こうから来たのです。
2本の道はすぐそこで
一緒になっています。

◎  抜弁天付近 


抜弁天交差点付近で
小さなお寺に入って見たり
小路に入って見たりしました。

このあたりには「厳嶋神社」があります。
祭神は市杵島姫命だが
これが仏教の弁才天と習合したため
新宿山ノ手七福神の弁財天を祀る神社として知られ
通称抜弁天(ぬけべんてん)という。

(Wikipedia)


10IMGP2203.jpg

梅とお地蔵様

行ったのは2月の初旬でした。


11IMGP2216.jpg

駐犬場?

住宅街の小さなスーパーの前です。


12IMGP2218.jpg

黒猫のいる風景

スーパーのちょっと先です。

◎  神楽坂へ 


大久保通りを進んで
間もなく目的地
神楽坂に到着します。


12IMGP2255.jpg

路地


12IMGP2259.jpg

袖摺坂

説明板には
俗に袖摺坂と呼ばれ
両脇が高台と垣根の狭い坂道で
すれ違う人がお互いの袖を摺り合わした

とありますが
これだけの道幅があったら
摺り合わさずに通れそうに思います。

江戸時代は
もっと狭い坂だったのかもしれません。


12IMGP2264.jpg

ようやく大久保通りと
神楽坂の交差点「神楽坂上」に到着。

いつもは
ここから坂を下るのですが
赤城神社へは
坂を登ります。

◎  赤城神社(1) 


用意して行った地図を見ながら
坂を登って行きました。

この辺だろうと思ったら
右に大きな参道があり
鳥居が見えました。


13IMGP2266.jpg

赤城神社の鳥居

繁華街の中の小さな神社?
かと思っていたのですが
そうではなさそうです。


14IMGP2307.jpg

拝殿

石段を登って行くと拝殿が見えて来ました。

普通の神社とは
屋根の形がちっと違うような・・・

実はこの社殿は建築家の隈研吾さんがデザイン監修をしたのだそうです。


15IMGP2276.jpg

拝殿上の掲額

この辺の風景は
まさに神社そのものです。

◎  赤城神社(2) 


日曜日だったせいもありますが
参拝客が予想以上に多い!
ほとんどが若い人たち!

赤城神社は縁結びの神様らしいです。

参道の左右に狛犬がいます。
高い台の上に置いてあるので
近づくと
見上げるようになってしまうので
遠くから撮りました。


16IMGP2284.jpg

向かって右側

この種の狛犬は
江戸時代に『加賀白山犬』として流行ったそうですが
現在はわずかしか残っていないとのことです。


17IMGP2285.jpg

向かって左側

あれ!
どちらも口を閉じています。
「阿」と「吽」でなく
「吽」ばかり?


18IMGP2278.jpg

古風な神社らしい風景

◎  赤城神社(3) 


社殿の周囲はガラス張りです。
これぞ隈研吾さんのデザイン!
なのでしょう。


19IMGP2280.jpg

社殿左側面

光の具合から
外の景色が映り込んでいました。


20IMGP2288.jpg

社殿右側面から

1枚目のガラス面を反対側のガラス越しに見ています。
ガラスが綺麗だから
向こうがくっきり見えました。


21IMGP2289.jpg

2枚目から場所を少し変えたら
参拝客の姿が映りました。

◎  赤城神社(4) 


写真は明日お見せしますが
社殿の右側に大きなマンションが建っています。
これも隈研吾さんの設計による高級マンションです。

この赤城神社
社殿が老朽化したので「再生プロジェクト」が組まれ
再生途上にあります。
社殿再建の資金を得るため
境内にマンションを建て・・・
65年後にマンションは取り壊されて
境内の森に戻るのだそうです。

マンションの1階は社務所やカフェや・・・
になっています。


22IMGP2292.jpg

カフェで軽い昼食を頂きました。

窓際の席だったので
座ったまま
参拝風景が撮れました。


23IMGP2295.jpg

社務所ではお守りなどを売っています。


24IMGP2297.jpg

御神籤は社務所の大きな柱に・・・

◎  赤城神社(5) 


「再生プロジェクト」の資金源になっているマンションです。

調べた方がいらっしゃって
「お部屋の間取りは1LDK~3LDKで
家賃は200,000円~295,000円みたいです」

とのことです。


25IMGP2315.jpg

石段(坂)の途中からの見上げ


26IMGP2325.jpg

坂の下からの見上げ


27IMGP2320.jpg

境内には摂社というのか
小さな神社がいくつかあります。

2枚目の場所から
左に行くと
三つの神社があります。
「八耳神社」「出世稲荷神社」「葵神社」

そこへ行く途中に石柱が立っていて
その前に白梅が咲いていました。
石柱には「神楽の白梅」と書いてあります。
その白梅です。



◎  神楽坂(1) 


赤城神社の参拝を終えて
神楽坂に戻ります。


28IMGP2326_20180220142833a53.jpg

鳥居を抜けて
神楽坂に向かう途中です。


29IMGP2327.jpg

1枚目の左端になります。


30IMGP2333.jpg

神楽坂に出ました。
坂を見下ろすと
日曜午後の人出が・・・
若い人たちが多いです。

◎  神楽坂(2) 


神楽坂を下りながら
ちょこちょこと
脇の小路に入ってみました。


31IMGP2371.jpg

料亭玄関脇の山茶花


32IMGP2373.jpg

飲み屋の入り口


33IMGP2381.jpg

レストランの窓

◎  神楽坂(3) 


昼食の時間帯は過ぎ
夕食にはまだ早い時刻ですから
閉じてしまった店も多いし
冬の日が暮れかかって
帰る人も多くなってきました。


34IMGP2383.jpg

CLOSED


35IMGP2384.jpg

細道

ここを出て行くと
これから入ろうとする人が
待っていてくれました。
すれ違うのはちょっと大変です。


36IMGP2387.jpg

坂を下りきったところが飯田橋駅です。


新宿〜赤城神社〜神楽坂の散歩は
これでおしまい。


◎  雛人形 


3月3日も過ぎてしまいましたが
遅ればせながら
雛人形を撮ってきました。

3月3日の節句に雛人形を飾るようになったのは
江戸時代になってからだそうです。

江戸時代の始め頃に「寛永雛」が作られ
それについで「元禄雛」
その後「享保雛」が流行し
江戸時代後期になると「古今雛」が流行ったそうです。

1、2枚目が「享保雛」の男雛と女雛
3、4枚目が「古今雛」の男雛と女雛
5〜7枚目はどちらの時代か不明です。



31IMGP3004.jpg

享保雛


32IMGP2950.jpg

享保雛


33IMGP3000.jpg

古今雛


34IMGP2995.jpg

古今雛


35IMGP2956.jpg




36IMGP2963.jpg




37IMGP2955.jpg

◎  梅の花 


昨日の雛人形を撮りに行った時の梅の花です。
行ったのは3月4日
ポカポカ陽気の日でした。


38IMGP2848.jpg




39IMGP2856.jpg




40IMGP2973.jpg

手水鉢に散った白梅

昨日の雛人形が飾ってあった座敷
そこの縁側から拝見した庭です。

庭の中央には
大きな白梅が真っ盛りでしたが
逆光でうまく撮れないので
散った花びらを・・・

◎  紅梅 


2月28日に
上野の国立博物館に行った来ました。
平成館で開催されている
『仁和寺と御室派のみほとけ』展をみました。

この展覧会は1月中旬から始まっていますが
前期と後期で展示物が変わります。
前期は国宝の書が多く
後期は国宝の仏像が多いので
後期に行くことにしていました。

予定していた頃にちょうど
インフルエンザを患ってしまい
会期の終わり頃は混雑が予想されるのですが
前売り券が買ってあるし・・・
ということで行って来ました。

上野駅に掲示されていた待ち時間は40分
国立博物館の前の掲示は60分
並んだ列の最後尾に立っている案内人の看板は「60分待ち」

実際は45分くらいで入場しましたが
館内はかなりの混雑でした。

見終わった後
博物館内で撮った写真を連載していきます。

今日は紅梅です。


1IMGP2679.jpg

白い壁は
本館西側の側面です。


2IMGP2689.jpg

背景は黒門(重要文化財・・・旧因州池田屋敷表門)の屋根


3IMGP2691.jpg

背景の洋館は表慶館(重要文化財)

この建物は
明治33年(1900)
皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され
明治42年(1909)に開館した
日本ではじめての本格的な美術館です。
設計は
J.コンドルの弟子で
東宮御所(現在の迎賓館)なども手がけた宮廷建築家の片山東熊。

(東京国立博物館HP)

◎  白梅 


東京国立博物館に咲いていた白梅。

背景の建物は昨日と同じです。


4IMGP2700.jpg

背景は表慶館のドーム


5IMGP2703.jpg

背景は黒門


6IMGP2730.jpg

下の方にかすかに見える緑色は
表慶館のドームです。
つまり仰ぎ見ての撮影。

◎  白梅映る 


東京国立博物館内
表慶館の裏手に法隆寺宝物館があります。
ガラス張りの四角い建物です。
その前に
これも四角い浅い池があります。
それらに映る白梅と表慶館。


7IMGP2707.jpg

池に映る白梅


8IMGP2715.jpg

池に映る表慶館のドームと白梅


9IMGP2721.jpg

法隆寺宝物館のガラスに映る表慶館と白梅


◎  表慶館(1) 


梅の花の背景に登場してもらった表慶館の紹介です。


10IMGP2676.jpg

梅と反対側から見たドーム

中央と左右に
全部で3個のドームがありますが
向かって右側の2個。


11IMGP2812.jpg

入り口右に置かれたライオン像(阿)


12IMGP2810.jpg

入り口左に置かれたライオン像(吽)

こういう像はたいてい
正面から入り口に向かって撮りますが
今回は入り口を背にして
後ろ寄りから撮りました。
この方がハンサムに撮れたからです。

◎  表慶館(2) 


表慶館中央ドームの見上げです。


13IMGP2778_20180303172053528.jpg




14IMGP2785.jpg





15IMGP2787.jpg


back to TOP