FC2ブログ

Photo & Essay

◎  花散歩(1) 


京都から奈良へ向う途中
萬福寺の拝観が済んで
次は平等院の予定ですが
ここでひと休みして
近所の花散歩の写真を掲載します。


1IMGP7531.jpg



夏のような暑さの日でしたが
入道雲ではなく・・・


2IMGP7509.jpg

青柿

「柿若葉」と呼ばれる
美しい色だった葉の緑も濃くなり
可愛い実がついています。


3IMGP7629.jpg

麦秋

麦畑は実りの秋(麦秋)を迎えています。


「花散歩」と称しながら
初日は花がありませんでした。
明日からは花を・・・


◎  花散歩(2) 




4IMGP7536.jpg

色づき始め


5IMGP7515.jpg

黄色

1枚目の色づき始めた紫陽花の淡い色とは対照的な
濃くベタ塗りしたような色が特徴です。


6IMGP7521.jpg

赤と黄

散歩道に咲いていた
2色のスカシユリでした。

◎  花散歩(3) 


「赤い花なら曼珠沙華」
と言いますが
それは秋の話
今だって赤い花はあります。


7IMGP7551_20180604172259171.jpg

ホットリップス


8IMGP7661.jpg

スィートピー


9IMGP7590.jpg

タチアオイ

◎  花散歩(4) 


白い花と実


10IMGP7576.jpg

ナデシコ


11IMGP7616.jpg

タンポポ


12IMGP7607.jpg

タチアオイ

◎  花散歩(5) 


紫の花


13IMGP7584.jpg

ヒエンソウ


13IMGP7560.jpg

ヤグルマギク


15IMGP7670.jpg

ハタザオキキョウ


これで花散歩はおしまいです。

◎  堀切菖蒲園(1) 


奈良の旅の第1日目が終わったところで
6月9日快晴〜真夏日に行った
堀切菖蒲園の写真を数回掲載します。

ウィキペディアによれば
室町時代に堀切村で花菖蒲の栽培が始まり
江戸時代には「江戸百景」に数えられ
名所案内や紀行文、鈴木晴信・歌川広重の浮世絵に登場。
昭和34年に堀切園を東京都が購入
東京都立堀切菖蒲園として公開。
昭和50年葛飾区に移管。

とのことです。

高名なこの菖蒲園に
初めて行ってみました。


1IMGP7688.jpg




2IMGP7692.jpg




3IMGP7701.jpg


◎  堀切菖蒲園(2) 


堀切菖蒲園に同行したUさんは
園内に入るなり
「ここの管理は素晴らしい!」と言いました。
昨日の花殻が綺麗に摘み取られていることを
褒めているというのが
私の理解でしたから
「そうだね」と応じました。

あまりの暑さに
屋根の下で休憩した時
Uさんが説明してくれました。
以下はその受け売りです。

花菖蒲は植えて4〜5年すると株が大きくなって
中心部が枯れてきます。
花も小さくなってきます。
観賞に堪えなくなります。

そうなる前に抜いて株分けをします。
抜くのは
株が大きくて根が深いから大変な作業です。
分けた株を今抜いたところに戻すのでありません。
土を代えなければいけません。
だから綺麗に咲いている菖蒲園は
ものすごい人手が掛かっているのです。


4IMGP7761.jpg




5IMGP7713_20180617162037434.jpg




6IMGP7694.jpg

◎  堀切菖蒲園(4) 


今日で堀切菖蒲園の写真はお終いです。
花菖蒲以外の花もここに咲いていたものです。


10IMGP7724.jpg




11IMGP7740.jpg




12IMGP7762.jpg


back to TOP