Photo & Essay

◎  アマポーラ 

ずいぶん長いことお休みしてしまいました。
ポツポツと再開しますのでよろしくお願いします。

こんなに長く休んでしまうと、
どこから話を始めたらよいのか戸惑ってしまいますが、
まず赤い花から始めることにします。


アマポーラ

ヒナゲシ
ケシ科

日本では虞美人草ともいいますが、
フランスではコクリコ(coquelicot)、
スペインではアマポーラ(amapola)と呼ぶそうです。


アマポーラ

これは地中海の島に遺されたギリシャ遺跡に咲くアマポーラです。
ここはスペインではありませんが、
土地の人はアマポーラと呼ぶそうです。

数年前にトルコを訪れたときも、
ギリシャ遺跡にこの花が咲いていました。
(トルコの人たちがこの赤い花を何と呼ぶかは聞かないでしまいましたが)
それ以来私の心の中では、
この花はギリシャ遺跡と結びついています。

トルコに行ったのと時期が同じだったことで、
またこの花に出会うことができました。

アマポーラに出会えたのは、
イタリア南端のシチリア島です。
次回からポツポツと紹介していくことにします。


◎  藤 

あっという間に5月も1/3が過ぎてしまいました。
怠けていたため今月になって初めての投稿です。

5月2日に「あしかがフラワーパーク」へ藤を見に行ってきました。
GWの最中でしたが、
高速道路の渋滞はほとんどありませんでした。

白藤

いわゆる藤色の花は終わりかけていましたが、
白い花は見ごろを迎えていました。


白藤

あまりきれいな水ではないのですが、
池のほとりに咲いている白藤です。


大藤

このフラワーパークの呼び物は大藤です。
大藤は藤色の花を付けていますが、
こちらは見ごろでした。

この木の説明板には、
南北:34.5m
東西:30m
幹周り:3.95m
花房最長:1.8m
樹齢:140年
と書いてありました。

こんな大藤が何本もあるからすごいです。
以前から話は聞いていましたが、
実際に見たのは今年が初めてです。

大藤

見上げると、
藤の雨が降っているようです。

--------------

こんなに長く休んでしまったのは、
ひとつは怠け心からですが、
もうひとつはパソコンのせいです。

パソコンを擬人化して説明すれば、
しばらく前から体調を崩しておりました。
でも具合のよい時はちゃんと動いてくれましたので、
まだまだ、というつもりでいたのに、
先月末ごろから容態が悪化し、
5月1日には
ほとんど使い物にならなくなりました。

こんなこともあろうかと、
データはほとんど外付けのHDDに入れておきましたから、
パニックにはなりませんでしたが、
予想よりも早めのダウンでした。

あわてて
後継者選びを始めました。
そして思案をしたり、
遊びに出たりしながら、
ようやく跡継ぎを決めて、
それを連れてきて、
いろいろと設定をやったり、
その設定がうまくいかなかったり・・・

というわけです。
で、ここから真面目に再開かというと、
今度は事情がありまして、
また休みます。
再開は5月末から6月始めになると思います。
お出で頂いている皆様の所への訪問も怠っておりまして
申し訳ありませんが、
なにとぞご勘弁下さるようお願い致します。



back to TOP