Photo & Essay

◎  スイセン 

あちこちで撮ったスイセンです。

スイセン

前回は枯れたサルビアから、
若山牧水の歌に話が飛びました。
その牧水について、
ちょっとだけ勉強をしました。
にわか仕込みの浅はかな知識ですが、
紹介したいと思います。


スイセン

まずは所沢市神米金にある歌碑の歌です。

のむ湯にも焚火の煙匂ひたる山家の冬の夕餉なりけり

牧水が神米金を訪ねたのは明治37年のことですが、
この歌はずっと後に作られていますので、
神米金で詠まれたものでありません。

大正6年の秋に紅葉の秩父を探勝した折に、
飯能市に1泊して詠みました。
「自歌自釈」に、
こう書いてあるそうです。

宿屋とは名ばかりの百姓家の奥座敷に
蓄音機の音符売の若者と合宿(あいやど)をして
侘しい釣ランプの下に夕餉を済ませた。
お茶とてもない、
大きな薬缶に素湯を入れて持って来た。
その湯を詠んだものである。


飯能市とはいっても、
市街地ではなく、
秩父往還の山間に宿をとったのだろうと思います。
そう考えれば「山家の冬の夕餉なりけり」が理解できます。


スイセン

次は、

かたはらに秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな

についてです。

明治42年
「9月初めから11月半ばまで信濃国浅間山の麓に遊べり、歌96首」
の内の第12首だそうです。
その前の第11首は、

胡桃とりつかれて草に寝てあれば赤とんぼ等が来てものをいふ

浅間山麓の秋のさわやかな自然の中での
のんびりとした気分が感じられますが、
実はそうでなかったのです。

牧水は園田小枝子という女性と恋に落ちたのですが、
その恋の破綻が決定的となり、
それに関連して次々起こった事態に
心身ともに疲労困憊し、
どうにもならなくなって、
逃げ出してきた旅だったのです。

胡桃取りをして気をまぎらわし、
草に寝て赤とんぼの話を聞いて・・・
その寝転んでいる「かたわらの秋ぐさの花」が、
「ほろびしものはなつかしきかな」
と語ったのです。

この歌は小諸の懐古園に歌碑があるそうですから、
「ほろびしもの」を小諸城址と結びつける考えもあるようですが、
「ほろびしもの」=「破綻した恋」とする方がよいようです。


スイセン

上の2首は昼間、
自然の中で詠みましたが、
牧水が滞在していたのは小諸の田村病院の2階で、
歌の門下生だった医師の治療を受けてはいましたが、
入院というほどの状態ではなく、
泊めてもらっていたのです。
歌の集まりで若い連中と街で飲むこともありましたが、
本当に愛したのはひとり静かに飲む酒でした。

白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしずかに飲むべかりけり

前述の状況で
東京から逃げて来た小諸の病院の2階で、
秋の夜、
ひとり静かに飲む酒は、
歯にも
はらわたにも
沁みわたったことでしょう。


◎  冬枯れ 

立春が近づき、
日の光もやや強くなり、
日脚も伸びてきました。

ものの芽や蕾もふくらみ始めていますが、
冬に枯れたものはそのままです。


サルビア

秋には真っ赤に咲いていたサルビアです。


サルビア

かすかに花の色を残しているもの、
色も褪せてしまったもの、
残骸も落ちてしまって茎だけになったもの、
などいろいろです。


サルビア

枯れたことを「滅び」とみれば牧水の歌が思い出されます。

かたはらに秋草の花語るらく滅びしものは懐かしきかな

有名な歌ですが、
誤って覚えている人もあります。
「かたはらに」を「かたはらの」とか、
「懐かしきかな」を「美しきかな」とかです。
私も以前は「美しきかな」だと思っていました。
また歌集に当たっていませんので、
確かなことは分かりませんが、
漢字は僅かで、
ほとんど仮名で書くのが本当のようです。

検索で調べたら、
牧水の「滅びしもの」とは彼自身の「恋」のようです。
私は源氏に敗れた平家とか、
その後頼朝に討たれた義経とかをイメージしていましたが、
今回は枯れて色あせたサルビアに「滅び」を感じました。

牧水はこの歌と一緒にもう一首詠んでいるそうです。

白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけれ

これも(特に酒飲みには)有名ですね。
この歌の最後も「けれ」と「けり」と2種類出てきます。
どちらが本当でしょう?


牧水

牧水の歌碑は全国に数多くあるそうですが、
所沢市にもひとつあります。

牧水は明治18年に宮崎県東臼杵郡東郷村に生まれました。
明治37年に早稲田大学に入学し、
そのとき祖父の生まれ故郷「神米金村」を訪れました。
その時に詠んだ歌でしょうか。

のむ湯にも焚火の煙匂ひたる山家の冬のゆふげ(夕餉)なりけり

昭和53年、
牧水没後50年を記念して、
若山家ゆかりの地にこの歌碑が建てられました。


牧水

「神米金」という地名は目出たそうで、
有り難そうですが、
どういう意味でしょう?
「かめがね」と読みます。

明治7年に、
谷新田、久新田、掘兼(堀)新田の3村が合併したとき、
それぞれから1字ずつ取って付けたそうです。
現在は所沢市になっています。


◎  初天神 

今日は「初天神」だとニュースでいっていました。
天神様へ参拝には行きませんでしたが、
道真公に因んで梅を撮ってきました。


紅梅

小さな梅園ですが、
紅梅が1本だけ咲き始めていました。
わりと大きな木で、
上の方には花が付いていますが、
下枝はまだ淋しい状態です。


紅梅



紅梅



白梅

白梅は、
枝垂れがちょっと咲いていました。
上の方でさえこんなものです。


白梅

下の方でポツンと咲いている花がいくつかありました。


白梅


道真公は、
誕生が6月25日、
薨去が2月25日なので、
25日が縁日で、
1月25日は年が明けて最初の縁日。
それで今日が「初天神」になるそうです。

実は、
恥ずかしいことに、
よく知らなかったのです。
1月25日は誕生日かな?
それとも命日かな?
どっちかだろう、
と思っていましたが、
どちらでもありませんでした。

もうひとつ、
紅梅と白梅と、
どちらが道真公ゆかりの梅なのかも分かりません。
それで紅白両方の写真を載せておきました。


◎  二輪の花 

昨夜から冬型の気圧配置に戻ってきて、
今朝はよく晴れています。

春分迄あと2週間もあり、
その後もしばらくは寒い日が続くのでしょうから、
只今冬は真っ盛り、
春はまだ遠いというのが現実です。

だからといって、
今咲く花はすべて冬の花、
とも言い切れないようです。

持っている小さな図鑑は、
花を四季に分けて掲載していますが、
冬の花はとても少なくて、
柊、山茶花、蝋梅、水仙、カトレア、ポインセチアなどで、
福寿草、節分草は春の部に入っています。


春の花

フクジュソウ
キンポウゲ科

老患者ばかりの医院福寿草     capucino

掛かり付けのお医者さんは、
有名な日野原先生ほどでありませんが、
かなりの高齢です。
だから、
といったらよいのか、
患者も高齢者がほとんどです。
待合室にはいつも花が飾ってあります。

歳時記では、
福寿草は「春」でも「冬」でもなく、
「新年」の季語になっています。


春の花

セツブンソウ
キンポウゲ科

春みたいな光を受けて咲いていました。
節分の頃には咲き終わってしまわないか、
心配です。


春の花

福寿草も節分草も2輪ずつでしたので、
もう2輪、
おまけです。


◎  春の光 

この冬、
日本海側は大雪のようで、
関東地方では晴天が続いています。
晴れてはいるものの寒い日が多かったのですが、
昨日から暖かくなりました。
今日は大寒だというのに春の暖かさ、
4月上旬から中旬の陽気になると予報が出ています。

昨日新宿へ行きましたので、
ついでに御苑に寄ってみました。
咲いている花はあまりなく、
入園者も多くありませんでした。

春の光を受けていた花や実の写真です。


春の光

ロウバイ。
木が小さく、
花数が少ないから、
シンプルです。


春の光

ツバキが咲き始めていますが、
開いた花びらが黒ずんで傷んでいます。
夜間冷えるせいなのでしょう。
強い逆光で少々の傷みは見えません。


春の光

ここのクリスマスローズはまだ咲き始めです。
二人連れのおばさんが、
「あった、あった」
と見つけてくれたので、
それを撮りました。


春の光

アオキの実が輝いていました。


春の光

午後の光の中のヤツデの実です。


◎  落合川 

正月の七福神めぐりで、
川沿いの道を歩きました。
場所は東久留米市です。
これは私の市の隣の隣で、
東京都になります。

この街の名前が気になっていたので、
今回調べてみました。
明治22年:小さな村々が合併して「久留米村」が生まれました。
大正4年:西武鉄道の駅ができ、「東久留米駅」と名付けられました。
昭和31年:「久留米町」となりました。
昭和45年:「東久留米市」となりました。

駅名と市名は、
九州に「久留米駅」「久留米市」があるので、
頭に「東」をつけたようです。


小川に沿って

東久留米市にはふたつの川が流れていて写真はその合流点です。
上が川下で、
右側のカモが泳いでいるのが落合川。
左側の薮の陰から流れて来ているのが黒目川で、
ここから先は黒目川になります。
どちらの川も源流は武蔵野台地の湧水だそうです。


小川に沿って

落合川を上流に向かって歩きました。
遊歩道が整備されています。

いつも思いますが、
東京都は裕福なのでしょう、
至る所に立派な遊歩道が整備されています。
私の住む埼玉県はとても敵いません。
例えば川を挟んでこっちが埼玉、
向うが東京というとき、
整備具合の差は歴然としています。
(東京側を歩かせてもらえば済むことですが・・・)


小川に沿って

源流が湧水だからでしょうか、
水がとてもきれいです。
だから水草も美しいです。


小川に沿って

枯れ草が日に輝いていました。
草の向こう側にほんの少しですが、
川の流れがきらめいています。


小川に沿って

この辺で落合川にさよならをして、
市街地に入りました。
いつかこの先、
源流を訪ねてみたいと思います。


◎  正月風景 

光陰矢の如し。
どんどん日が過ぎて、
古いことになってしまいますが、
正月の2日、3日頃の風景です。

今年の正月は晴天に恵まれましたので、
ウォーキングを兼ねて初詣・七福神めぐりをしました。
あちこちの寺社での写真です。

正月風景

日当たりがよいのでしょう、
紅梅が咲いていました。


正月風景

倉嶋 厚さんのエッセイにこんなことが書いてありました。

北京の古い風習に「九九消寒」がある。
冬至の日に八十一個の梅の花びらを描き、
一日に一つずつ色を塗っていく。
そして九九・八十一の花びらの全部に色がつくと春になるというのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬至から数えて八十一日目は三月十二日ごろ、
たまたま、
春が始まるといわれている奈良・二月堂のお水取り・お松明の日でもある。


1月3日の写真ですから、
冬至から12日目でしかないのに、
沢山の花びらに色がついていました。


正月風景

可愛いので撮りましたが、
仏さまというより、
小坊主さんみたいですが、
なんと呼べばよいのでしょうか。


正月風景

こちらはお地蔵さまでしょう。
胸から腹にかけて
「念ずれば花開く」と書いてありました。


正月風景

上のお地蔵さまのあったお寺に咲いていました。
侘助でしょうか・・・


◎  ロウバイの実 

ロウバイの続きです。

ロウバイ

写真を撮りに行ったのは年末ですが、
「あれっ、もう咲いている」
と花に気付いたのは12月半ばでした。
近年開花が早まっていますが、
この冬は特に早かったようです。


ロウバイ

図鑑には、
「葉が出る前に香りのよい黄色の花を下向きに・・・」
と書いてありますが、
葉が出るどころか、
前年の葉がまだ落ちないで残っている木もありました。


ロウバイ

葉ばかりでなく、
実も残っていました。


ロウバイ

外皮は網のようになっています。


ロウバイ

割ってみると、
中はこんな風になっていました。


花も実もあるロウバイでした。


◎  ロウバイ 

この冬もまたロウバイが早咲きです。
年末と年始と
撮りに行ってきました。


ロウバイ



ロウバイ



ロウバイ



ロウバイ



ロウバイ



新年を迎えたと思ったら、
あっという間に日が過ぎて、
もう7日になりました。

今日になってようやく、
元日に放映された
「ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート」
を見ました。
(録画しておいたものです)

指揮者のジョルジュ・プレートルは85歳だそうですが、
元気いっぱい。
とても楽しそうな指揮ぶりで、
いかにも新春らしい、
明るく楽しいコンサートでした。

会場のウィーン楽友協会のホールは金ピカで、
赤いバラなど花がいっぱい飾られ、
そこに着飾った聴衆が席を埋めているのも、
これまた新春らしい風景です。
日本の新春歌舞伎と雰囲気が似ているように思いました。

昨日の新聞にある主婦の方の投書が載っていました。

・・・・・毎年恒例の楽しみとなっています。
演奏中に織り込まれるバレエなどの映像の格の高さや
カメラアングルも見事です。
しかし今年は、
自己主張の強いデザイナーが登場して、
バレリーナがかすみました。
清楚で美しい本来のバレーを見たかったです。


とのことでしたが、
美術史美術館を舞台にしたバレエは美しかったし、
休憩時間に放映された映像では、
バレーのコスチュームをデザインするところから、
生地を裁断して、
縫製して、
試着して、
スチール写真を撮って・・・
など、
なかなか面白かったです。

例年やっていた、
NHKのスタジオに招かれたゲストが、
クラシック音楽についてのウンチクを語ってくれるのよりも、
はるかに楽しい休憩時間でした。


◎  謹賀新年 

明けましておめでとうございます。
皆様にはよい年をお迎えにことと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。


謹賀新年

航空記念公園のお茶室「彩翔亭」の門松です。


謹賀新年

元日の青空に掲げられた国旗。
所沢市にある
「中国帰国者定着促進センター」の前庭です。


謹賀新年

市内の神社に初詣しました。
境内の露店。


謹賀新年

スイセン
ヒガンバナ科

初詣の帰り道で撮りました。

-------------------------

ブログを始めたのが2006年の1月2日でしたから、
今日で5年目に入ることになります。
年々投稿回数が減っていますが、
そこのところはお許し頂いて、
今年も宜しくお願い致します。

初回はもちろん元旦に始めたかったのですが、
「そうだブログを始めよう」
と思ったのが元日の夕方でしたから、
登録やら何やら
初めてのこと故手間取りまして、
結局初投稿は2日の20:49になりました。

下記の青字をクリックして頂けば、
最初のブログが出ます。
最初のブログ

これで5回目の正月を迎えたわけですが、
元日に投稿したのは僅かに1回だけです。
今年も4日となってしまいましたこと、
平にご容赦お願いします。


初詣でお神籤を引いたら、
「大吉」と出ました。
内容を少し紹介しますと、

待ち人:便りなし。来る。
失せ物:出る。人手に渡らず。
病気:精神の安定第一。
縁談:首尾よし。思わず早く調う。安心せよ。

安心しました。



back to TOP