Photo & Essay

◎  山茶花 

昨日が御用納め。
いよいよ今年も残り3日となりました。
古い写真の中から年末頃に撮ったものを探し出しました。
花は歳々年々相似たりですから、
黙って掲載すれば・・・とも思いますが・・・

1_IGP0516.jpg



3_IGP0515.jpg



2_IGP0524.jpg



4IMGP0067.jpg



-------------------------------

今年亡くなられた榊莫山さんの本(「大和仏心紀行」)を見ていたら、
「一去一来」という題の書と文がありました。
文の方を抜粋して紹介します。

一去一来
いい言葉です。
好きな言葉です。
ときどきわたしは、
これを書いて楽しんでいる。
.....................................

さて、
一つが去って、一つが来る、なんてとても暗示的ではないか。
好きなように解釈しておくれ、
とでも言いたげにたたずむ言葉といってよい。

春がきて春がゆき、
夏がきて秋になり、
秋がいって冬になり・・・
これみんな一去一来である。
老人が死んで、
赤ん坊が生まれ、
星が消えて太陽があがる・・・
これまた一去一来である。

それを思うと、
一去一来は、
哲学的である。
自然の輪廻も、
人生の流転も、
一去一来のくりかえし。
一去一来には、
なにやら仏教の匂いを感じてたまらない。
.....................................


一年を終えて、
新しい年を迎えようとする年の瀬の
心に響く言葉です。

今年もやり残したことが沢山ありますが、
楽しかったことも沢山ありました。
なにはともあれ、
今年という一年が去って、
新しい年が来ます。
否応のなしのリセットです。

新しい年には、
このブログも6年目を迎えます。
また新しい気持ちで、と思っております。
今年一年間のご来訪、有り難うございました。
来年も、またよろしくお願い致します。
どうぞ、よい年をお迎え下さい。


◎  瀬戸内の海 

海なし県に住んでいるので、
海には憧れがあります。
ふと海を見たくなる時があります。

古い写真を引っ張り出しました。
初冬なのに、
そうとは見えない瀬戸内の海です。


1IMGP0005.jpg



2IMGP9949.jpg



3IMGP0009.jpg



4IMGP9871.jpg


-----------------------------------------

23日、天皇誕生日、日本橋の三越で「報道写真展」を見てきました。
この1年を振り返っているわけですが、
今年の出来事だったのに、もう遠いことのような気がする・・・
そんな驚きもありました。

天皇さまと皇后さまが手を振って微笑んでおられる写真がありました。
顔は笑っておられますが、
お二人の目の底には深い苦悩があるような気がしました。
(思い過ごしですね~)

バンクーバーの冬季オリンピック。
女子フィギュアスケートの表彰台で、
金メダルの金妍兒が満ち足りた眼差しで国旗を見上げている、
その隣の浅田真央の目には悔し涙が浮かんでいました。

菅直人さんが首班指名されたときの写真。
お辞儀する菅さんの嬉しそうな顔、
そのちょっと向うにいる小沢さん、
拍手していますが、
目はあらぬ方を向いて・・・

10年連続200本安打達成のイチロー選手のクールな目、
無罪となった村木さんの喜びの目など、
沢山の目や眼差しがありました。


◎  夕暮れ 

最近は、何やかやあって、
写真を撮りに出ませんでした。
ブログもご無沙汰で・・・

昨日の夕方、久しぶりにカメラを持って出かけました。
あの有名な、藤原定家の歌みたいに、

見渡せば花も紅葉もなかりけり・・・・

でした。
そして日暮れの早いこと。


1IMGP0062.jpg



2IMGP0064.jpg



3IMGP0086.jpg



11月の末にエアコンを買いました。
(機種を決めて支払いだけ済ませました)
例のエコポイントに目がくらんでの行為です。
(以下の会話は赤が業者側、青が私です)

「何しろ注文が多いものですから、取り付けは12月25日以降になりますが・・・」
「急がないけれど、年末だから早い方がいい。25日にして下さい」
「承知しました。
古いエアコンの取り外しを含めた工事費は、
下見をさせてもらってから見積もり致します。
下見はいつがよろしいでしょうか?」

「取り付けのチョッと前でいいんでしょ?」
「そうでございます」
「じゃあ、12月の20日でどうですか?」
「よろしゅうございます」

そして、今日が20日です。
下見に2人やってきました。
コンセントの位置変更とかホースの延長とか、
取り寄せ部品が必要だそうです。
「帰りまして、営業の方から見積もりを連絡致します」
「部品の取り寄せとか、日数掛かるの? 25日に取り付けできるの?」
「無理かも知れません。それも営業の方から・・・」

数時間経って営業担当から電話がありました。
「工事の見積もりは****円でございます」
「取り付けは25日でいいの?」
「その予定でおります」
「下見に来た人が部品が取り寄せになるから、
日数がかかるようなことをいっていたけど、大丈夫?」

「はあ~~~ ちょっと無理でございます」
「別に急がないんだから、確かな日取りで決めたいんだけど、
何日なら大丈夫なの?」

「今日は21日ですから・・・」
日数を数えているみたいで・・・
「今日は20日しょ?」
思案している様子で・・・
「あ~ そうですね~ 20日ですね~
部品の納入に10日掛かりますので、
30日の取り付けで如何でしょうか?」

「うーん、暮れの30日? ま、いいか~」
「では30日にさせて頂きます」
今度はこちらが思案して・・・
「納期が10日で、30日の取り付け、大丈夫なの?」
「はあ~~ ちょっと心配ですね~」
「来年でもいいんだから、確実な日取りにしましょう」
しばらく間をおいて、
「それでは1月の7日で如何でしょう?」
「7日なら、ほんとに大丈夫なのね?」
「大丈夫でございます」
「じゃあ、1月7日にお願いします」
「承知致しました」

疲れました!!!


◎  新宿御苑 

先日の午後、
新宿へ出たついでに、
御苑に寄って、
散歩してきました。

1KC3O0012a.jpg

この日はカメラを持って行かなかったので、
ケータイでこれ1枚を撮りました。

曇り空の下にひんやりとした風が吹いていました。
銀杏の葉も大方落ちて道路も芝生も黄色になっています。

休憩所のベンチに腰を下ろすと、
目の前の池を背景に12~3人の老年男女が、
記念の集合写真を撮っていました。
随分とはしゃいでいるようで、
賑やかな声が聞こえてきました。
写真を撮り終えると、
ガヤガヤわいわいと大きな声を響かせて、
移動していきました。

今日は一人で眺めていますが、
私もついこの間、
もっと大勢で、
彼らと同じように、
ワイワイがやがやと
この公園を散策しました。

彼らのこと、自分たちのことを思っていたら、
ふと、
明日ありと思う心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは
の歌を思い出しました。

そしてこの歌から、
中学時代の友人、
Y君のことを思い出しました。

Y君は戦争中、
東京から疎開してきましたが、
事情があったらしくて、
戦争が終わっても、
東京に帰らず、
お祖父さんと二人で暮していました。
そのお祖父さんから教わったといって、
この歌を説明してくれたのです。

彼はその頃(中学2年生)、
詩を書いたり、小説を書いたりしていて、
将来は小説家になるのだと夢を語っていました。

中学を卒業すると、
彼は町を出て行きました。
東京の高校に進んだのか、
就職してどこかへ行ったのか、
はっきりしませんでしたが・・・

それからほんの数年後、
「Yが自殺した」
という噂を聞きました。
どうして?
どこで?
それは分かりませんでした。

新宿御苑の、
どんより曇った初冬の景色が、
こんなことを思出させてくれました。。。

---------------------------------------

暗い話を書いてしまったので、
よく晴れた日に撮った
御苑の紅葉・黄葉を載せておきます。

2IMGP9147.jpg



3IMGP9268.jpg



4IMGP9291.jpg


◎  空と雲 

NHKのBS2に、
カシャッと一句!「フォト575」
という番組があります。
写真に575の句をつけるのですが、
その写真は自分で撮ったもの、
あるいはお題として出題されたもの、
日によっていろいろで、
12月1日放送分は
携帯で撮った写真に句をつける方式でした。

この日放送された作品4点の中に、
「青空」だけをを撮った写真がありました。
「12月1日放送作品集」の「放送参加作品」の3枚目です。
写っているのは青空だけ!
こういう撮り方もあるのかと
ビックリしました。

(青い文字をクリックしてみて下さい)

1IMGP9651.jpg

青空に雲があると
つい撮ってみたくなります。


2IMGP9513.jpg

屋根と紅葉に囲まれた空と雲です。


3IMGP9680.jpg

まだこんなに柿が残っています。


4IMGP9969.jpg

南国の感じがします。


5IMGP9666.jpg

雑木林です。



柿や紅葉があって、
秋の風景ですが、
みんな12月になってから撮りました。
このところ暖かいので、
師走という気がしません。

今日は日曜日。
何かに出ていました。
「今日はボーナス・サンデー」と。
昔そんなものを貰ったなーと、
久しぶりに思い出しました。



back to TOP