Photo & Essay

◎  桜開花 

昨日、東京でソメイヨシノの開花宣言がありました。
家の前にあるソメイヨシノが、
いつもは、その宣言に合わせたかのように、
1~2輪開くのですが、
今年はまだツボミのままです。

例年とは違う木ですが、
2輪だけ昨日開きました。
今日の夕方には5輪ほどに増えていました。
だからこの木については、
今日が開花宣言かもしれません。


1IMGP1100.jpg

昨日の午後の撮影です。


2IMGP4056.jpg

この花はソメイヨシノより早く咲きます。
紅い葉が出ていますから、
山桜系なのでしょうか。


◎  春耕 

このところ、引こもり状態です。
体の具合が悪いわけではありませんが、
やっぱり震災の所為といったらよいのか・・・

電車もバスも間引き運転。
電力不足による計画停電の影響。
それに今年は杉の花粉が多いそうで、
今まで花粉症でなかった人も気を付けないと、
罹ってしまうかもしれないと脅され、
あまり出歩かないようにしています。

幸い、通っているプールが営業再開してくれたので、
もっぱら室内で運動です。

今日は震災後初めて電車に乗ってみました。
乗ったといっても片道4分の乗車区間の往復です。
ああ、ちゃんと動いているんだ、と思いましたが、
車内の照明が消えていました。
節電。

そんなわけで、
新しい写真がありませんので、
昨年の写真を引っ張り出してみました。
3月5日撮影の分です。


1IMGP3713.jpg

わが家の付近に田んぼはありません。
畑ばかりです。
「春耕」の時期です。

耕せばうごき憩えばしづかな土     草田男


2IMGP3708.jpg

近くにニンジンが棄てられていました。
割れがあったり、二タ又、三ツ又だったりすると、
棄てられるのです。

脚が二本あってニンジン棄てられる     capucino

晩秋からよく見られる光景です。
もっと大きな山になって棄てられていることもあります。


3IMGP3715.jpg

今話題の×△県のホーレンソウでありません。
1年前ですから、
放射線とは全く無関係なコマツナです。


4IMGP3717.jpg

畑の隅に植えてあったフクジュソウです。


寒い日が続いていますが、
今日の夕方開き掛けている桜の蕾を1個発見しました。
ソメイヨシノです。


◎  春を待つ 

もう春分が過ぎたのですから、
春は来たのでしょうが、
震災を受けた東北地方の天気予報を見ていると、
まだしばらくは冬のようです。
被災地に早く春が来て欲しいものです。


1IMGP0967.jpg

オオイヌノフグリ

草地に数個だけ咲いていました。
この子はお日様の方を向いていましたから、
正面から撮ると私が影を作ってしまいます。
それで横顔の撮影となりました。


2IMGP0973.jpg

ナノハナ

菜の花といえば、
蕪村の句が有名です。

菜の花や月は東に日は西に

ほかにこんな句もあります。

菜の花や鯨もよらず海暮れぬ

鯨が寄ってこないかと待っていたけれど、
こないうちに日が暮れてきた・・・のでしょうか?
蕪村の時代にも「ホェールウォッチング」があったのでしょうか~(*⌒▽⌒*)


3IMGP1078.jpg

ヤブツバキ

あまりきれいに撮れなかったので、
(絵画調というほどでありませんが)加工を施しました。


4IMGP1094.jpg

ハクモクレン

蕾が膨らんできました。
先日コブシの花を見たのですが、
カメラを持っていなかったので撮ってありません。


◎  ウメ 

地震、津波、原発と大災害が起きていますが、
そんなことは知らぬげに咲いていた梅もそろそろ終わりのようです。


IMGP1090.jpg




2IMGP0998.jpg




3IMGP1036.jpg

花びらが落ちてしまったのでありません。
始めから花びらが小さいのです。
シベが露出している形から、
茶筅梅(ちゃせんばい)と呼ばれているそうです。


4IMGP1048.jpg



17日早朝、円が急騰して、
1ドル=76円25銭までいったそうですが、
1995年3月9日に作った句があります。
(1995年は阪神淡路大震災の年)

1ドルが88円春寒し   capucino

この日は寒くて、
そして88円は当時として驚異的な円高でしたが、
この後、4月には79円75銭まで上昇し、
それが、これ迄の最高値だったそうです。

今年の3月17日も真冬並みの寒さでした。


◎  東北関東大震災 

この度のの大震災で被災された方々、
原発トラブルに巻き込まれている方々、
電力不足によって生じる諸々の事態に直面している方々、
全国で心配なさっている方々、
皆様に心からのお見舞いを申し上げます。


1IMGP1015.jpg

手水鉢に春の陽が射して、
南天の葉が影を落としています。
とても静かな風情です。
日本中の人たちの心がこんな風に休まる日が
早く来て欲しいと祈っております。


2IMGP0965.jpg

先日水戸の偕楽園へ観梅に行った帰り、
高速道路のSAで撮った夕景です。
この日寄った水戸も那珂湊も大きな揺れに見舞われたことと思います。
「魚の眼」を撮った那珂湊市場は海に面していました。
津波の被害がどんなだったろうかと心配しております。


-----------------------------------

ブログでお付き合い頂いているijin7wth2さんが掲載されていたものを転載しておきます。

被害に遭われている方へ・・・・・・

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、
クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、
停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、
電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。
・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、
提供をお願いします。

・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。


◎  偕楽園 

3月6日、偕楽園の梅はまだまだの感じでした。
バスツアーで行ったのですが、
添乗員が朝の挨拶で、
「梅は満開で、よく晴れて、最高の日となりました。
その上日曜日だから、大混雑が予想されます」
とのことでした。
「大混雑」は予想通りでしたが、
「梅の満開」は予想に反していました。


1IMGP0901.jpg

咲き具合はご覧の通りです。
咲いているといえば咲いていますが・・・


2IMGP0910.jpg

まだ蕾が多いので、
枝振りを撮ろうと試みました。


3IMGP0920.jpg

こちらは幹です。


4IMGP0950.jpg

駐車場の近くに銅像がありました。
右が水戸藩第9代藩主徳川斉昭で、
左の少年が7男の七郎麻呂(後の15代将軍徳川慶喜)です。
どこかのグループが記念撮影をやっていました。
われわれのツアーは撮影なしです。



今日は夕方から都心で行われる講演会に出席する予定でした。
最初は午前中から都内へ行くつもりにしていたのですが、
先週、急に歯が痛くなり、ちょっと診てもらって、
今日の午前に治療することになったので、
計画を変更して講演会だけにすることにしました。

午前中に歯科医院に行ってきて、
そろそろ出かけようかと思った時に地震でした。
JRも私鉄も地下鉄も全部止まってしまいました。

始めの計画通りに午前中から都内へ行っていたら、
今頃は帰宅出来ず、難民になっているところでした。
歯が痛むという不幸が幸いしました。
「人間万事塞翁が馬」!

お陰さまで、
「ああ~可哀想に!」
とかいいながらテレビを見ています。


◎  魚の眼 

題名は、魚の目(うおのめ)でなく、
魚の眼(さかなのめ)です。

昨6日(日)水戸の偕楽園へ行ってきました。
晴天と春の暖かさに恵まれ、
凄い人出でしたが、
梅の方はたいしたことありませんでした。
ということで、
梅は後回しにして、
途中で寄った那珂湊の魚市場の写真です。
市場の情景ではなくて、
主に串刺しにされた魚たちの眼です。


1IMGP0875.jpg

どんこ


2IMGP0876.jpg

せいご


3IMGP0885.jpg

みずだこ


4IMGP0887.jpg

まだら


5IMGP0897.jpg

ひいか


6IMGP0893.jpg

さんま


---------------------------------

すでに一件落着となった「京大入試カンニング事件」。
今更ですが、調べてみました。
テレビで何度となく見せられたヤフーの知恵袋の画面です。
aicezukiさんのMy知恵袋

和文英訳の問題をaicezukiさんが投稿した通りにコピペします。

楽しいはずの海外旅行にもトラブルはつきものだ。
たとえば、
悪天候や自然災害によって飛行機が欠航し、
海外での滞在を延ばさなければならないことはさほど珍しいことではない。
いかなる場合でも重要なのは、
冷静に状況を判断し、
当該地域についての知識や情報、
さらに外国語運用能力を駆使しながら、
目の前の問題を解決しようとする態度である。


下記は知恵袋に寄せられた回答の英文です。
これに酷似した答案があったそうですから、
ほとんどそっくり写したのでしょう。
(英文を一生懸命に読むことはありません。ざっと見るだけで十分です)

Problems should be fun to travel abroad is inseparable.
For example, a canceled flight, weather and natural disasters
that have extended stay abroad is not so uncommon.
In any case important to calm the situation, knowledge and information about the area,
while making full use of foreign language proficiency in addition,
is the attitude of trying to solve the problem before him.


出題された和文を「Google翻訳」で英訳してもらいました。
このサービスは始めての使用でしたが、
あっという間の早業でした。
(上の英文と見比べて下さい。ほとんど同じです)

Problems should be fun to travel abroad is inseparable.
For example, a canceled flight, weather and natural disasters
that have 延Basanakere stay abroad is not so uncommon.
In any case important to calm the situation, knowledge and information about the area,
while making full use of foreign language proficiency in addition,
is the attitude to try to resolve the issue in front of


最後が尻切れみたいになっていて変ですが、
これはGoogle訳出のままです。
また中程にも、
延Basanakere”=「のばさなけれ」?
なんて、変な箇所があります。

回答者は修正した上で投稿したのでしょうが、
基本的にはGoogle訳にそっくりです。

これで分かったことが二つあります。
一つ目は、
aicezukiさんは、
ヤフーの知恵袋になんか投稿しないで、
自分で直接ネットの翻訳サービスを使えば、
誰にも知られなかったはずです。
(翻訳はGoogleだけでなくヤフーなどでもやってくれます)
二つ目は、
こんな英文では合格しないだろうということです。
つまり答案用紙に書いたaicezukiさんも、
実際の翻訳作業をやった「Google翻訳」も、
京大合格のレベルに達していないということです。

ちなみに、
知恵袋に寄せられた回答(始めの方の英文)を、
「Google翻訳」で、
今度は和訳してもらいました。
これは読んでみて下さい。
楽しくなりますから~

問題は海外で切っても切れない旅行するのは楽しいことがあります。
たとえば、欠航便、天候や自然災害、
それは海外ので、珍しいことではないまま拡張されています。
いずれにせよ状況は、知識や情報をエリアについて冷静に重要で、
加えて、外国語の能力をフルに活用しながら
彼の前に問題を解決しようとしているの態度である。


◎  称名寺 

称名寺は、
横浜市金沢区金沢町にある真言律宗別格本山の寺院。
山号は金沢山。
本尊は弥勒菩薩。
金沢北条氏の祖、金沢実時が鎌倉中期に開基しました。
境内に隣接して金沢文庫があり、
京浜急行金沢文庫駅から約1kmです。

上に出てきた「金沢」に仮名を振ってみます。
「金沢区金沢町」は「かなざわくかなざわまち」
「金沢山」は「きんたくさん」
「金沢北条」は「かねさわほうじょう」
「金沢実時」は「かねさわさねとき」
「金沢文庫」は、古くは「かねさわぶんこ」現在は「かなざわぶんこ」
「金沢文庫駅」は「かなざわぶんこえき」

金沢文庫は称名寺と同様、
北条実時によって創設されました。
そして昭和5年に神奈川県立金沢文庫(博物館)となりました。


1IMG_1135.jpg

称名寺の仁王門です。


2IMG_1126.jpg

門を入ると池があって、
朱塗りの太鼓橋が掛かっています。


3IMG_1117.jpg

さらに朱塗りの平橋を渡ると、
金堂があります。
この中に本尊の弥勒菩薩像が鎮座しているのですが、
厨子の扉が閉まっていて見えませんでした。
10年ほど前に、
弥勒菩薩像が金沢文庫に展示されたので、
それを観に来たことがありました。
そのときはもっと橋の朱色が鮮やかでした。
この年月の間に色あせてしまったようです。


4IMG_1131.jpg

池、橋を含む金堂前の庭が浄土式庭園だそうです。
金堂を背にして撮っていますが、
画面の右に行くと金沢文庫があります。


金沢文庫へは以前に来たことがあり、
道も場所も分かっていましたから、
何のトラブルもありませんでしたが、
ひょっとしたら、
起こるかも知れないトラブルを・・・

昨年奈良へ行ったとき、
久しぶりに西大寺に行ってみることにしました。
奈良の東大寺は大仏で有名で、
大きな寺ですが、
現在の西大寺はさほど大きな寺ではありません。

近鉄線を大和西大寺駅で降り、
こっちの道かな、と思って歩い行ったら、
違ったようです。
行き逢った人に「西大寺はどっちですか」と聞いたら、
丁寧に教えてくれました。
いわれた通りに行ったら、
駅に、つまり出発点に戻りました。

そこで悟りました。
正式には「大和西大寺駅」ですが、
地元の人たちは「西大寺駅」
さらに略して「西大寺」と呼んでいるのだ、と。

改めて「お寺の西大寺はどっちでしょう」と訊ねて、
無事にお寺へ行くことができました。

駅名でなくて、地名でも同様のことがありました。
同じ奈良で、
法華寺を訪ねたことがありました。
近鉄の奈良駅からバスに乗って「法華寺前」という停留所で降りました。
お寺の門の前に着くのかと思っていたら違いました。
家の前を掃き掃除しているおばあさんがいたので、
「法華寺はどこでしょうか?」と聞いてみました。
おばあさんは「法華寺はここですが・・・」
「はあ?」と見回してもお寺がありません。
「あの~お寺なんですが~?」といったら、
道を教えてくれました。
この界隈は「法華寺町」略して「法華寺」だったのです。

最初は有名な寺などにちなんで駅名や町名をつけたのに、
もともとの寺名よりも広く通用するようになってしまうのでしょう。
だからたぶん、
金沢文庫の駅を降りて、
「金沢文庫へ行くには?」とか聞いたら、
「ここが金沢文庫ですが・・・」といわれそうです。



back to TOP