Photo & Essay

◎  草花いろいろ 

牡丹が咲きました。
撮りに行ってきましたが、
行く途中などに咲いていた草花たちです。


1IMGP1660.jpg

クサフジ(マメ科ソラマメ属)


2IMGP1671バイカイカリソウ

バイカイカリソウ(メギ科イカリソウ属)


3IMGP1677.jpg

ウラシマソウ(サトイモ科テンナンショウ属)


4IMGP1682.jpg

シロバナエンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)


5IMGP1768.jpg

中国クマガイソウ(ラン科アツモリソウ属)


折角撮ってきた牡丹ですが、
それは次回に載せたいと思っています。
チューリップも牡丹も薔薇も、
「年々歳々花相似たり」で、
その上撮る人が同じですから、
写真は全く同じ!?!?
かわり映えしないので、
ついでに撮った草花の方を先行させた次第です。


◎  昭和記念公園 

先日チューリップを撮ってきた昭和記念公園の続きです。

1IMGP1623.jpg

入り口で「菜の花が満開ですよ」と教えてくれました。
菜の花も満開、人も満員です。
みんな記念撮影に夢中ですから、
人を入れないで撮るのは難しいことです。


2IMGP1629.jpg

人が入らず、桜も咲いていて・・・
チャンスでしたが、
桜は満開を過ぎていました。
桜よりも人の方が絵になりそうです。


3IMGP1650.jpg

椿と新緑です。
右端に少女の後ろ姿が見えますが、
彫刻です。


4IMGP1654.jpg

枝垂れ桜と新緑と、
赤い花はなんでしょう~~


◎  オランダのチューリップ 

昭和記念公園でチューリップを見ると、
オランダのキューケンホフ公園を思い出します。
久しぶりに写真を出してみました。
行ったのは1999年の4月でしたから、
ずいぶん昔になります。


チューリップ1a

前回の昭和記念公園と感じが似ていると思います。
キューケンホフ公園はアムステルダムの近くにあります。


チューリップ2a

この頃はまだフィルムカメラを使っていました。
公園はご覧のようにとてもきれいでしたから、
沢山写真を撮ろうと・・・
ところがその日は予備のフィルムを持って行くのを忘れました。
1本撮り終えて、フィルムを交換しようとして、
気が付きましたが、
もう遅い・・・


チューリップ3

これは公園でなくてチューリップ畑です。


チューリップ4

池に浮かんでいる黄色の矩形はチューリップの花です。
球根を育てるために摘んだ花を浮かべているのです。
オランダの花筏です。

これはストックホルムではなくて、
ハーグです。
地図で調べたら、
この池は「ホフ池」で、
向うに見えるのは「第1院」(議事堂?)です。

ハーグの近くにスヘフェニンゲンという海辺の行楽地があります。
そこをバスで通ったとき、
ガイド(日本人男性)がこの地のことを説明してくれましたが、
「スケベニンゲン」と聞こえました。


青いターバンの少女

議事堂の裏側にマウリッツハイス美術館がありました。
有名なフェルメールの「青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)」の絵があります。
それに「デルフトの眺望」もありました。


◎  チューリップ 

この前の日曜日(17日)に、
昭和記念公園へ行ってきました。
天気がよくて、日曜日だから、
混んでいるだろうと、予想していきましたから、
驚きはしませんでしたが、
かなりの入場者数でした。
行ってみたら、
実はこの日は入場無料でした。
この次は29日(昭和の日)と5月始めと、
合計で3回の無料日があるそうです。

ソメイヨシノは終わりましたが、
八重桜がきれいで、
花の下に敷物を敷いて楽しんでいる
家族連れやグループがいっぱいでした。

チューリップがきれいでしたので、
その写真です。


1IMGP1546.jpg



2IMGP1552.jpg



3IMGP1571.jpg



4IMGP1591.jpg


◎  松岡美術館 

先月の末に松岡美術館(港区白金台)へ行ってきました。
ここは、ノーフラッシュでシャッター音を消せば撮影可能です。
それで彫刻を少し撮ってきました。


1IMG_1195.jpg

題名はメモしてありませんが、
エミリオ・グレコの作品です。


2IMG_1196.jpg

これもエミリオ・グレコです。


3IMG_1204.jpg

「クメール男性像」(カンボジア、9~11世紀)。


4IMG_1208.jpg

「シヴァとパールヴァティ」(中インド、11~12世紀)。

シヴァはヒンドゥー教の3最高神の一柱。
創造神ブラフマー、
維持神ヴィシュヌに対して
シヴァ神は破壊を司る。
シヴァの妻はパールヴァティー。

とウイキペディアにあります。


5IMG_1210.jpg

「鳳首瓶」(唐三彩、中国、8世紀)。


◎  新宿御苑風景 

4月5日の新宿御苑です。

1IMGP1257.jpg

中の池。


2IMGP1258.jpg

これも中の池。
向うに見えるのはNTTビル。


3IMGP1274.jpg

桜はコヒガン。


4IMGP1313a.jpg

桜はタカトウコヒガン。



昨日の朝日新聞朝刊の記事です。
見出しは、
東電社長福島を訪問
事故後初 知事は面会拒否

となっています。
知事さんにとって頭にくる所があって会わなかったんだな、
と思いましたが、
記事を読むと、
東京電力の清水社長が11日、
福島県を訪れた。
福島第一原発の事故後、
同県を公式に訪れるのは初めて。
東電によると、
佐藤雄平知事に面会を求めたが拒まれ、
東日本大震災が起きた午後2時46分には、
県庁の廊下で東電の社員と黙祷し、
犠牲者を悼んだ。

----- 中略 ------

佐藤知事はその後の記者会見で
「謝罪に来たことすら知らない」と話した。

と書いてありますから、
見出しの
「知事は面会拒否」
と記事の内容に整合性がありません。

スポーツ報知のHPには、
東電・清水社長、ちぐはぐな福島初訪問 県知事「来ると聞いてない」
という見出しの記事がありました。
この「ちぐはぐ」という言葉の方が
事実を伝えているのではないでしょうか~


◎  駆け足の春 

花の写真を撮って、
ブログに載せないでいる内に、
あっという間に日が過ぎてしまいます。
こっちが遅いのですが、
季節が駆け足で通り過ぎて行くように感じます。


1IMGP1171.jpg

今ではすっかり終わってしまったハクモクレンのツボミです。


2IMGP1383.jpg

同じくハクモクレンですが、
散るちょっと前の花芯です。


3IMGP1332.jpg

ヒメオドリコソウ


4IMGP1256.jpg

カリン


5IMGP1376.jpg

ベニシダレ


◎  さくら 

4月5日新宿御苑で桜を撮ってきました。
ソメイヨシノは咲き始めでしたが、
多種類の桜があるので、
十分楽しめました。

火曜日の午後ですが、
大勢の人で賑わっていました。


1IMGP1318.jpg

「陽光」


2IMGP1271.jpg

「小彼岸桜」


3IMGP1304.jpg

「高遠小彼岸」


4IMGP1319.jpg

「大島桜」


◎  コブシ 

ソメイヨシノが咲き始めました。
それより早く真っ白なコブシが咲きました。

1IMGP1116.jpg

向うに見えるのは満開のコブシ出す。


2IMGP1125.jpg



3IMGP1128.jpg



4IMGP1123.jpg


津波で消えてしまった町や村、
これが大変なのに、
加えて福島原発の事故が、
恐怖を与えています。

花粉症の人にとって恐ろしい花粉。
それ以上に恐ろしい放射線。
今迄耳にすることの少なかった
「シーベルト」という言葉が飛び交っています。

シューベルト? いえ 違います シーベルト     capucino

ウイキペディアから引用すると、

シーベルト(Sievert。スウェーデン語発音:[ˈsiːvəʈ]、英語発音: /ˈsiːvərt/)は、
生体への被曝の大きさの単位。
記号はSv。
SI単位である。
呼称は、
放射線防護の研究で功績のあったロルフ・マキシミリアン・シーベルトにちなむ。
1時間あたりのシーベルト量(Sv/h)を毎時シーベルトということがある。

物質が放射線に照射されたとき、
物質の吸収線量を示す単位がグレイ(記号Gy。定義J/kg)である。
生体(人体)が放射線を受けた場合の影響は、
受けた放射線の種類(アルファ線、ガンマ線など)によって異なるので、
吸収線量値(グレイ)に放射線の種類ごとに定められた放射線荷重係数を乗じて
線量当量(シーベルト)を算出する。



Wordの「記号」には、
㍉ ㌢ ㍍ ㌔ ㌖ ㌅ ㌳ ㍎ ㌃ ㌶ ㌘ ㌕ ㌧ 
㍑ ㍊ ㌹ ㍗ ㌍ ㍂ ㌣ ㌦ 

などいろいろな単位が用意されていますが、
シーベルトはありませんでした。
これから必要になりそうです。



back to TOP