Photo & Essay

◎  ストックホルム散策(3) 


散策というより
昼食のレストランに向かって歩いていたようです。


10IMGP4035.jpg

賑やかな小路


11IMGP4036.jpg

土産物屋のショーウィンドウ


12IMGP4037.jpg

尖塔


13IMGP4041.jpg

落書き小路

この路には入らなかったと思います。
ここから1時間余り写真を撮っていませんから
昼食タイムでした。

◎  ストックホルム散策(2) 


市内散策が続きます。


6IMGP4027.jpg




7IMGP4029.jpg




8IMGP4031.jpg




9IMGP4033.jpg

皆さん昼休みの時間でした。

◎  ストックホルム散策(1) 


市庁舎見学の後は
市内散策でした。

写真の撮影時刻を見ると
約1時間の散策後昼食だったようですが
どこまでがバスの中で
どこからがバスを下車したのか不明です。


1IMGP4016.jpg




2IMGP4017.jpg




3IMGP4018.jpg




4IMGP4021.jpg




5IMGP4022.jpg

◎  ストックホルム市庁舎(5) 


市庁舎見学の最終回です。
庁舎内の見学を終えて外に出ましたが
残念なことに庁舎の全体写真がありません。

7IMGP4002.jpg




8IMGP4004.jpg




9IMGP4009.jpg




10IMGP4013.jpg

市内観光バス

「ハリー・ポッター」が世界中で読まれていた時代で
第五巻が出版されていた頃のようです。


11IMGP4014.jpg

市庁舎の建物の隅っこにあるレストラン

ここでは
10人以上で予約すれば
1901年以降のノーベル賞晩餐会のメニューを食べることができます。
(その食事のことは後日に・・・)


◎  ストックホルム市庁舎(4) 


市庁舎内の見学が続きます。


1IMGP3989.jpg

窓からの眺め


2IMGP3991.jpg

浮き彫り


3IMGP3992_2015091920572487d.jpg

ゴールデンホール
(黄金の間)

金箔を貼ったモザイクにで壁面が覆われた大広間。
正面にメーラレン湖の女王と飛ばれる女神像が壁画を飾っています。
(メラーレン湖はスゥエーでンで3番目に大きな湖)


4IMGP3994_2015091920572669d.jpg




5IMGP3995.jpg




6IMGP3997.jpg

◎  ストックホルム市庁舎(3) 


市庁舎内の見学が続きます。


16IMGP3982.jpg




17IMGP3983.jpg

オバーレンという楕円形の部屋の天井

天井しか撮ってありませんが
この部屋で結婚式(宣誓だけ)が行われるそうです。


18IMGP3990.jpg

シャンデリア


19IMGP3985.jpg

タペストリー

タペストリーの部屋と呼ばれ
フランスから贈られたタペストリで囲まれています。


20IMGP3986.jpg

タペストリー

◎  ストックホルム市庁舎(2) 


大理石の階段を昇って
上の階へ行きました。

そこで見たものを・・・


11IMGP3973.jpg




12IMGP3974.jpg




13IMGP3975.jpg

何だったか記憶ありませんが
きれいだったので撮ったと思います。

議事堂の何か・・・あるいは市議会の何か・・・だったかも知れません。


14IMGP3978.jpg

市議会議場


15IMGP3979.jpg

議場の天井は舟底タイプの骨組みで
天井張りがしてないから
屋根裏の絵が見えます。

◎  ストックホルム市庁舎(1) 


ストックホルム市庁舎は
ノーベル賞の記念晩餐会が行われる場所として有名です。


6IMGP3959.jpg

あまりに近過ぎて
全景が撮れていないのですが・・・


7IMGP3966.jpg

青の間(ブルールーム)

ノーベル賞の晩餐会はここで行われるそうです。
一部しか写っていないので広さが分かりませんが・・・


9IMGP3969.jpg

床面

青灰色の石畳が敷き詰められています。


8IMGP3968.jpg

大理石の階段

階段は幅が広くて一段の高さは低くなっています。
女性がイブニングドレスで降りるときに美しく見えるように設計されているそうです。
舞踏会は上の階で行われるそうです。


10IMGP3972.jpg

階段の向うに見えるアーチの基部

◎  ストックホルム市庁舎へ 


ストックホルム観光が始まりました。
まず市庁舎に向かいます。


1IMGP3952a.jpg

バスの窓から見た街の風景


2IMGP3957a.jpg

バスの窓から


3IMGP3961_201509172034305b0.jpg

市庁舎到着

その市庁舎を背にして撮っています。
これは左方向。

川か運河か入江か・・・
湖だそうです。


4IMGP3964a.jpg

対岸(左)


5IMGP3965a.jpg

対岸(右)

◎  ストックホルムへの船旅(5) 


朝食後再度デッキに出て
撮りましたが
変わり映えしない風景ばかりなので
少し撮っただけで船室に戻り
入港を待ちました。


10IMGP3938.jpg




11IMGP3939.jpg




12IMGP3940.jpg




13IMGP3950.jpg

下船の準備が忙しかったのでしょう。
港に入るときの写真はありません。

下船〜入国審査〜税関審査などを経て
バスに乗り込んでからの写真で
撮影時刻は9:50です。

◎  ストックホルムへの船旅(4) 


昨日と同じような風景が続きます。


5IMGP3927.jpg




6IMGP3928.jpg




7IMGP3931.jpg




8IMGP3933.jpg

撮影時刻はちょうど6:00です。

この後船内に戻り朝食だったようで
8:00頃に再度デッキに出てきましたが
その写真は明日に。

◎  ストックホルムへの船旅(3) 


たらふく食べて飲んで
気持ち良く眠っている間も
穏やかな航海が続いていました。


1IMGP3907.jpg

目を覚まして
デッキに出てみました。
撮影時刻は5:12です。

暫くはバルト海クルーズの海洋風景をご覧下さい。


2IMGP3914.jpg

写真左側の波は乗船「シリア・セレナーデ」の航跡です。
中央の船はヘルシンキに向かっているのでしょう。


3IMGP3920.jpg

小さな島


4IMGP3926.jpg

島なのかも知れませんが
まるで湖のように見える静かな海です。

◎  ストックホルムへの船旅(2) 


写真の撮影時刻から推定すると
夕方6時少し前に出航したようです。


14IMGP3897.jpg

岬がひとつ見えました。


15IMGP3901.jpg

岬の先端に城壁があって
その上で手を振ってくれる人たちがいましたので
こちらもデッキから手を振りました。


16IMGP3903.jpg

北欧の午後6時はまだ日が高いですが
やがて暮れてくるバルト海のクルーズ出発です。


17IMGP3906.jpg

船内風景

国際航路ですから
全部免税店になります。
北欧は消費税が高いので
免税品はとてもお得になります。


この後盛大なディナーでした。
食べ放題、飲み放題で
凄い熱気と活気でした。

だから食後はぐっすり眠りました。
カメラを持ってデッキに上がったのは翌朝です。

◎  ストックホルムへの船旅(1) 


サンクトペテルブルクに行く前
ヘルシンキに寄っています。
またここへ戻ったのは・・・


10IMGP3863.jpg

ヘルシンキ大聖堂

前回ここを撮った日は雨でしたが
この日は真っ青な空でした。


11IMGP3866.jpg

ロシア皇帝アレクサンドル2世銅像

ヘルシンキ大聖堂がある元老院広場に建っている像です。
このすぐ近くに港があって
そこから大型船で
スウェーデンの首都ストックホルムに向かいます。


12IMGP3870.jpg

スウェーデンの船会社シリアラインの客船シリア・セレナーデ号

これに乗り込みました。

「シリア・セレナーデ」と「シリア・シンフォニー」の姉妹船が
ヘルシンキとストックホルムを結んで周航しています。

2艘は1990 年の建造で
全長 203m、幅 31.5m、 総トン数 58,400t
乗客定員 2,852 人、 駐車台数乗用車 400 台またはバス 60 台だそうです。


13IMGP3884.jpg

シリア・セレナーデ号から眺めたヘルシンキ大聖堂

◎  ヘルシンキ到着〜ヘルシンキ大聖堂 


ヘルシンキ中央駅に到着しました。


6IMGP3855.jpg

駅のホーム

何故こんな所に車があるのでしょう?!


7IMGP3858.jpg

ヘルシンキ大聖堂

駅に到着後昼食をとって
それからここへ来たようです。
サンクトペテルブルクに行く前にも
この大聖堂を見ていますが
そのときは外観だけでした。

今度は入ってみたようですが
短時間です。


8IMGP3859.jpg




9IMGP3860.jpg


◎  ヘルシンキへ電車の旅 


サンクトペテルブルクでの3泊目の朝を迎えました。
この美しい街とお別れして
再度ヘルシンキに向かいますが
飛行機ではなく
鉄道を利用します。


1IMGP3829.jpg

ヘルシンキ駅に到着
(バスの窓から)

駅名を見ると
もうヘルシンキに到着したみたいですが
サンクトペテルブルクの駅名は目的地名になっています。
ヘルシンキ行きはヘルシンキ駅で
モスクワ行きはモスクワ駅です。

写真を撮った時刻が6:25ですから
ホテルを出たのは多分6時。
ずいぶん早い出発でした。

写真のデータから推定すると
サンクトペテルブルク出発が7:20〜30頃
ヘルシンキ着が13:40頃ですから
6時間以上掛かったようです。

ネットで調べると
現在はアレグロという高速列車があって
所要時間は3時間半だそうです。
行ったのが2004年でしたから
隔世の感があります。


2IMGP3837.jpg

駅構内


3IMGP3840.jpg

乗った列車


18IMGP3848.jpg

フィンランドとの国境
(Passport and customs inspection)

写真があるのは
ここで停車したからだと思います。

電車から降りることはありませんでしたが
ロシアからの出国検査はかなり厳重でした。
現在では簡素化されているでしょう。


4IMGP3853.jpg

食堂車

フィンランドに入ってから
ここで昼食でした。


5IMGP3854.jpg

電車の窓の外

バスや電車に乗るといつも
窓から外の風景を撮るはずなのに
全然撮ってありません。

この畑の写真と
上の国境の写真と2枚だけでした。
自分でも何故だか分かりません。

◎  血の上の救世主教会(4) 


大聖堂内の見学を終えて
外観を撮影しました。


15IMGP3815.jpg




16IMGP3816.jpg




17IMGP3814.jpg




18IMGP3820.jpg




19IMGP3824.jpg

運河に掛けられた橋を渡って
バスの駐車場へ向かったのだと思います。


これでサンクトペテルブルグの観光は終了。
翌日は電車でヘルシンキに向かいます。

◎  血の上の救世主教会(3) 


見学の続きです。


11IMGP3808.jpg




12IMGP3809.jpg




13IMGP3811.jpg




14IMGP3812.jpg

◎  血の上の救世主教会(2) 


見学が続きます。


6IMGP3802.jpg




7IMGP3803.jpg




8IMGP3804.jpg




9IMGP3806.jpg




10IMGP3807.jpg

◎  血の上の救世主教会(1) 


聖イサアク大聖堂の次に向かったのは
血の上の救世主教会です。

これはロシア正教の聖堂で
正式名をハリスト復活大聖堂というそうです。

1881年3月13日
ロシア皇帝アレクサンドル2世暗殺の場所に
建っているとのことです。
18883年に着工
1907年竣工


1IMGP3794.jpg

すごい建築です。
見学後に全体を撮っていますので
後日改めて全貌をお見せします。


2IMGP3796.jpg




3IMGP3797.jpg

中に入りました。


4IMGP3800.jpg




5IMGP3801.jpg

◎  聖イサアク大聖堂(2) 


大聖堂に入りました。


5IMGP3777.jpg




6IMGP3779.jpg




7IMGP3785.jpg




8IMGP3786.jpg




9IMGP3788.jpg




10IMGP3791.jpg


聖堂内に入って撮った1枚目の写真から
最後の写真までの時間は22分間。

広場から見上げた高い所へ登ってみることもなく
ずいぶん短い滞在でしたが
これで聖イサアク大聖堂の見学は終わりです。

◎  聖イサアク大聖堂(1) 


午後の観光開始です。

聖イサアク大聖堂はロシア正教会の大聖堂で
この名称はピョートル大帝の守護聖人
ダルマチアの聖イサアクに由来するそうです。


1IMGP3767.jpg

ドームの高さは101.5メートル。


2IMGP3768_20150831172047111.jpg

見上げると小さな人影が見えます。


3IMGP3771.jpg

ピョトール大帝の騎馬銅像

1枚目に写っていませんが
大聖堂に向いて立っているそうです。


4IMGP3775.jpg

いよいよ入場します。

◎  ペテルゴフ宮殿(10) 


ペテルゴフ宮殿には
上の庭園と下の庭園とあるそうです。

宮殿内を見てから下って行った辺りが下の庭園で
その後宮殿に戻って来てからが上の庭園のようです。
上の庭園はフランス式庭園とのことです。


17IMGP3761.jpg




18IMGP3763.jpg




19IMGP3764.jpg




20IMGP3765.jpg

双頭の鷲


これでペテルゴフ宮殿の見学は終わりです。
写真の時刻を見ると
正午過ぎでした。

この後昼食をとってから
聖イサアク大聖堂の見学です。

◎  ペテルゴフ宮殿(9) 


宮殿の近くに戻ってきました。


13IMGP3722.jpg




14IMGP3755.jpg




15IMGP3753.jpg




16IMGP3760.jpg

◎  ペテルゴフ宮殿(8) 


庭園散歩の続きです。


9IMGP3740.jpg




10IMGP3741.jpg




11IMGP3745.jpg

こんな風景を見ると
庭園なのか公園なのか
分からなくなってしまうのですが・・・


12IMGP3747.jpg

立派な噴水があるから
やっぱり庭園です。

◎  ペテルゴフ宮殿(7) 


庭園見学の続きです。


5IMGP3731.jpg




6IMGP3733.jpg

フィンランド湾

噴水の水はこの海に流れ込んでいます。


7IMGP3734.jpg




8IMGP3738.jpg

まだ庭園は続きます。

◎  ペテルゴフ宮殿(6) 

 

庭園の見学です。


1IMGP3721.jpg

金の像が背中を見せていますから
下から見上げるようになっているのでしょう。


2IMGP3723.jpg

階段状の大滝

数多い噴水の内でも
ここがメインになるらしいです。


3IMGP3728.jpg




4IMGP3729.jpg

大滝は
両側の 7 段と中央の 3 段のカスケード(滝)からなるそうです。

それを
真ん前に行って見たり撮ったりしたかったのですが
ガイドさんは脇の道をどんどん下るので
仕方なくついて行きました。

後で見せてくれるのかな
と思っていたのに
もう戻ることはありませんでした。

遠い昔の旅でたいていのことは忘却の彼方にあるのですが
この大滝への心残りはいつまでも消えません。

◎  ペテルゴフ宮殿(5) 


宮殿内の見学最終回です。


9IMGP3713.jpg




10IMGP3718.jpg




11IMGP3719.jpg

天球儀(だと思いますが・・・)


12IMGP3720.jpg



これで宮殿内の観光を終えて
明日からは噴水で有名な庭園の散歩です。

◎  ペテルゴフ宮殿(4) 


宮殿内の見学が続きます。


5IMGP3708.jpg




6IMGP3716.jpg




7IMGP3710.jpg




8IMGP3712.jpg

宮殿に入る前に見た水路のようです。
先刻は止まっていた噴水が高く上がっています。

◎  ペテルゴフ宮殿(3) 


宮殿内の見学が続きます。


1IMGP3702.jpg




2IMGP3703_2015082215430555d.jpg




3IMGP3706.jpg




4IMGP3707.jpg


back to TOP