Photo & Essay

◎  西明寺(6) 


門を潜って庭園に入りました。


21IMGP4665.jpg




22IMGP4671.jpg

右側に門があります。

中に小さな池があり
それを過ぎると石を積んだ登り道があったので
少し登ってみました。


23IMGP4672.jpg




24IMGP4675.jpg

雨だから通るのは止めにした本堂への道が続いていることが分かったので
そこから来た道を戻りました。


◎  西明寺(5) 


雨の中石段の道を下りました。


17IMGP4656.jpg

雨に濡れたモミジ


17IMGP4657.jpg

先ほど通り過ぎた中門まで戻ってきました。

雨だし
紅葉は見飽きたし
ここの庭園に寄らないで
下った人も多かったようでしたが
私は入園しました。


18IMGP4658.jpg

中門の屋根


19IMGP4660.jpg

門内

中央の小さな門を潜ると
「蓬莱園」です。


20IMGP4663.jpg

不断桜

門内左側に桜が咲いていました。


◎  西明寺(4) 


三重塔見学が先になってしまいましたが
その後本堂に入って
住職の講話を聞きました。


13IMGP4652.jpg

本堂の銅鑼


14IMGP4648.jpg




15IMGP4654.jpg

観林坊

新しい建物です。


16IMGP4647.jpg


これで本堂、三重塔の拝観を終えて
山を下りました。

◎  西明寺(3) 


三重塔内部が見学できました。

雨の日は開かないと説明を受けていたのですが
開いてくれました。
別料金¥1000でしたが
価値はありました。


9IMGP4634_20160221175009b0b.jpg

三重塔(国宝)

鎌倉時代後期に
飛騨の匠が建立した純和様建築で
釘を使用していない。

初重内部の壁画は
巨勢派の画家が描いたもので
堂内一面に
法華経の図解
大日如来の脇侍三十二菩薩
宝相華が
純度の高い岩絵の具で極彩色に描かれていて
鎌倉時代の壁画としては
国内唯一のものであるといわれている。

内部には極彩色の壁画が鮮やかに残っていましたが
撮影禁止でしたので
パンフレットから引用しておきました。


10IMGP4636.jpg




11IMGP4642.jpg




12IMGP4638.jpg

三重塔の廊下からの本堂

◎  西明寺(2) 


雨の中
傘をさして
石段を登りました。


5IMGP4630.jpg

中門

ここから入ると
庭園「蓬莱庭」があります。
通常は庭園に入って
散策しながら登って行って
山の上の本堂に参拝して
坂道や石段の道を下ってくるのが普通らしいですが
雨で滑り易くて
危ないからということで
庭園は後回しにして
石段を登ることになりました。


6IMGP4632.jpg

中門の屋根越しに・・・


7IMGP4633.jpg

二天門(重文)

室町時代初期の建立です。
門の向うに本堂の屋根が見えています。

この寺も
信長の焼き討ちをうまく逃れて
二天門、本堂、三重塔が残りました。


8IMGP4639.jpg

本堂(国宝)

鎌倉時代初期に飛騨の匠が建立した純和様式建築で
釘を使用していないとのことです。

◎  西明寺(1) 


金剛輪寺を出発して20分ばかりで
湖東三山最後の寺
西明寺に到着しました。

お昼過ぎから雨になったので
雨中の参拝になりました。

バスの駐車場は惣門のそばにあるので
前の寺のように途中までバスというわけにいきません。
石段の道を始めから登らなければなりません。


1IMGP4623.jpg




2IMGP4625_20160221174932f64.jpg




3IMGP4627_20160221174934bdf.jpg




4IMGP4628.jpg

◎  金剛輪寺(11) 


庭園拝観を終えて
坂道を下りました。


21IMGP4601.jpg




22IMGP4609.jpg




23IMGP4612.jpg




24IMGP4617.jpg

黒門

この門を出ると広い駐車場があって
そこにバスが待っていてくれました。
湖東三山最後の寺
西明寺に向かいます。

◎  金剛輪寺(10) 


小雨になってきました。


17IMGP4575.jpg




18IMGP4576.jpg




19IMGP4584.jpg




20IMGP4595.jpg

◎  金剛輪寺(9) 


庭園には細長い池があります。
池のほとりで
大勢が写真撮りです。


13IMGP4553.jpg




14IMGP4561.jpg




15IMGP4564.jpg




16IMGP4572.jpg

◎  金剛輪寺(8) 


庭園拝観の続きです。


9IMGP4546.jpg




10IMGP4547.jpg




11IMGP4551.jpg




12IMGP4558.jpg

◎  金剛輪寺(7) 


昼食後は庭園拝観です。


5IMGP4523.jpg

白門


6IMGP4604_2016021315121802c.jpg

庭園入り口


7IMGP4543.jpg

センリョウ


8IMGP4545.jpg

水雲閣(お茶室)の屋根

◎  金剛輪寺(6) 


本堂と三重塔を拝観した後
また千躰地蔵の道を下りました。
登りは途中までバスでしたが
下りは最後まで歩きます。

但し一気に下るのではなくて
途中で昼食
それから庭園拝観あります。


1IMGP4513.jpg

下りは楽です。
だらだらと下りました。


2IMGP4519.jpg

坂道の両側だけでなく
所々にちょっとした広場があって
そこに整然とお地蔵様が並べてありました。


3IMGP4521.jpg

やがて木戸があって
そこで千躰地蔵は終わります。


4IMGP4526.jpg

木戸を出て
横に入ると食事処がありました。
山内ですから
もちろん精進料理です。

◎  金剛輪寺(5) 


本堂の前方に三重塔があります。
木々に隠れてよく見えないので
撮らないでしまいそうでしたが
ふと気付いて・・・
集合時間まであと5分!
大急ぎで坂を登り
ひと回りしてきました。


17IMGP4485.jpg

この石段を登って
右に折れて登ると三重塔がありました。
狭い台地の上に建ててあります。
ぐるりと回ってきました。


18IMGP4492.jpg




19IMGP4494.jpg




20IMGP4497.jpg




21IMGP4507.jpg

降りてきて
振り返ると紅葉の間に
塔の上だけが見えました。

この後は
石段の道----千躰地蔵の道を
下りました。

◎  金剛輪寺(4) 


本堂周辺で写真撮りしました。


13IMGP4484.jpg




14IMGP4486.jpg




15IMGP4488.jpg




16IMGP4489.jpg

◎  金剛輪寺(3) 


本堂に上がって
参拝し
住職の講話を聞きました。


9IMGP4463.jpg

本堂前


10IMGP4470.jpg

本堂内から

内部は撮影禁止ですから
外を撮りました。


11IMGP4472.jpg

本堂内から


12IMGP4477.jpg

本堂前の植え込みに落ちたモミジ

◎  金剛輪寺(2) 


本堂を目指して登りました。

湖東三山の内
最初に訪れた百済寺は織田信長によって焼かれましたが
後の二寺は僧侶の機知によって
その難を逃れたそうです。

麓にあった末寺を焼いて
あたかも本寺が焼けているかの如く見せたところ
織田軍はその策にまんまと引っかかっり
その結果
二天門、本堂、三重塔が
当時のまま残っています。


5IMGP4456.jpg

二天門


6IMGP4458.jpg

二天門の草鞋と提灯


7IMGP4460.jpg

本堂に到着


8IMGP4490.jpg

本堂側面

◎  金剛輪寺(1) 


湖東三山の二つ目
金剛輪寺へと向かいました。


1IMGP4446.jpg

バスからの風景

お寺はみんな山の上にありますが
移動の途中は平野です。


2IMGP4449.jpg

金剛輪寺到着

バスはここを通り過ぎて
山道を登りました。


3IMGP4452_201602041116462b7.jpg

停車中のバス

私たちのバスはもっと進みましたが
ここに停まっていたバスの車体に書いてある文字が・・・
写真を反転しているわけでありません。

もう少し進んでバスを降りました。


4IMGP4455.jpg

千躰地蔵の道

石段の道に出ました。
両側にお地蔵さまがずらーっと並んでいます。

麓から続く道ですが
かなり上まで車で登れるようになったそうで
途中から歩いて登ります。

◎  葉牡丹 


葉牡丹は
まだ薹が立たず
なんとか見頃状態でした。


10IMGP5532.jpg




11IMGP5530.jpg




12IMGP5523.jpg


明日から
昨年の紅葉「琵琶湖周辺紀行」に戻ります。

◎  蝋梅 


蝋梅は早くから咲き始めたのに
その後寒いからまだまだ見頃が続いていました。


7IMGP5610.jpg




8IMGP5539.jpg




9IMGP5550.jpg

◎  白梅 


先日咲き始めを撮ったお茶室に行ってみたら
紅梅は終わりかけで
白梅が見頃になっていました。


4IMGP5578.jpg




5IMGP5562.jpg




6IMGP5569.jpg

◎  紅梅 


梅園に行ってみました。

一旦暖かい日が続いたのに
その後寒波がやってきて
開花は足踏み状態のようです。


1IMGP5508.jpg




2IMGP5488.jpg




3IMGP5583.jpg

◎  枯れ木 


昨年の紅葉写真を連載している内に
年が改まり
1月が過ぎ
立春も過ぎてしまいました。
折角始めたシリーズなので続けるつもりですが
季節感がチグハグなので
ここで数日間だけ
最近の写真を挟むことにします。

近くの公園で撮った「春」です。


13IMGP5479.jpg

立春を過ぎても
「春は名のみの風の寒さや・・・」で
銀杏並木は枯れたままです。


14IMGP5493.jpg

枯れ木の枝先では
芽が膨らみ始めているように見えます。


15IMGP5587.jpg

池に映る樹影

季語でいったら「春の水」ですが
冷たい風が波を作って
枯れ木の影を揺らしています。

◎  百済寺(7) 


本坊の庭園を拝観しました。


25IMGP4431.jpg

大きな池があります。


26IMGP4430.jpg

この石段を登ると
見晴し台に行けるそうですが
石段はもう沢山と
敬遠して登りませんでした。
あとで登った人に聞くと
とてもよい景色だったとのことですから
勿体ないことをしました。


27IMGP4432.jpg




28IMGP4437.jpg

庭の拝観を終えて
バスが待つ駐車場に戻り
湖東三山の二つ目の寺に向かいました。

◎  百済寺(6) 


緩い坂道をどんどん下ります。


21IMGP4425.jpg




22IMGP4427.jpg

弥勒菩薩半跏石像


23IMGP4428.jpg

本坊の建物が見えてきました。


24IMGP4429.jpg

上へ向かって出発したときに潜った
表門の屋根です。

◎  百済寺(5) 


来たときとは別の道を通って下ります。
石段ではなく
ゆるやかな土の道です。


17IMGP4411.jpg

赤いモミジ1枚落ちていました。


18IMGP4418.jpg

落葉道を下ります。


19IMGP4416.jpg




20IMGP4419.jpg

◎  百済寺(4) 


本堂に参拝し
その周囲を回ってみました。


13IMGP4400.jpg

本堂の屋根


14IMGP4410.jpg

本堂左側面

手前のロープで囲まれている木は
「千年菩提樹」です。

ここに大きな菩提樹の木がありました。
織田信長に焼き討ちされた時
焼けてしまいましたが
根だけは生き残っていて
再び芽をふいたので
「千年菩提樹」と呼ばれるそうです。


15IMGP4407.jpg

鐘楼


16IMGP4415.jpg

鐘楼遠景

◎  百済寺(3) 


山の上にある本堂を目指します。


9IMGP4383.jpg

仁王門を過ぎて
まだ石段は続きます。


9IMGP4387.jpg

真っ直ぐ登った正面に本堂らしい建物があるのに
石段は右にそれて
まだ続きます。


10IMGP4390.jpg

柿の実


11IMGP4393.jpg

小さな祠



12IMGP4404.jpg

本堂

写真の奥からこちらに向かってきました。
ここの海抜は350m。

この本堂の裏手に旧本堂があったそうで
現在の4倍もあったとのことですが
織田信長に焼かれてしまい
現本堂は江戸時代の1350年に竣工しました。

◎  百済寺(2) 


これから登りになるから
それが嫌な人はここに残ってください。
登ってみようという人は
ガンバってください。
ということになりました。


5IMGP4368.jpg

表門

境内側から撮っていますから
向こうが入口で
門の前に表参道があります。

つまり裏口から本坊に入って
そのあと表参道に出た
といいうことになります。


6IMGP4374.jpg

表参道

広い石段が麓から本堂まで続いています。
本坊はその途中にあることになり
その近くまではバスで登れますから
麓から歩いて登る人はあまりないようです。


7IMGP4376.jpg

仁王門


8IMGP4379.jpg

仁王門の大草鞋

白く光っている小さなものは
一円玉です。

◎  百済寺(1) 


永源寺の次は百済寺(ひゃくさいじ)です。
聖徳太子が百済人(くだらびと)のために創建されたと伝えられる古寺です。
ここからの3ヶ寺が湖東三山になります。

永源寺も含めて
今日訪れる寺はみんな山の上にあるので
登りが大変!
覚悟してくださいと
朝からバスガイドに釘を刺されていました。


1IMGP4363.jpg

この白い土蔵みたいなのが何だったか
記憶ありませんが
バスを降りて歩き始めたところです。


2IMGP4365.jpg

この坂道を登りました。


3IMGP4443_201601301750304e7.jpg

本坊境内に到着。

現在は
これが本堂の役目を果たしているのでしょうが
本堂はずーっと山の上にあります。

本坊に庭園があるそうですが
それは本坊を参拝してから拝観することに・・・


4IMGP4370.jpg

本坊脇の紅葉


back to TOP