Photo & Essay

◎  函館朝市(2) 


朝市見学の続き
今日は主にイカです。

「函館の朝市といったらイカです。
イカそうめんを食べてみたら如何ですか」
とバスガイドに教えられたのですが・・・


13IMGP7232.jpg

一軒ずつの店もありますが
大きな建物の中に多数の店が入っている
そんな建物もいくつかありました。


14IMGP7238.jpg

イカ釣り

水槽にイカが沢山入れてあり
料金を払ってイカ釣りをします。
なかなか人気のようでした。
人混みの中
しゃがんで見つめる坊やを
私は見つめました。


15IMGP7240.jpg

イカ大明神


16IMGP7266.jpg

水槽のイカ

イカ釣りとは別の店です。

◎  函館朝市(1) 


有名な朝市見学(?)です。
生ものを買って家まで送るつもりはないし
今日の昼食は遅めだというから
朝食をたっぷり食べてきたので
立ち食いする食欲もないし・・・
「見て回るだけ」です。

海岸近くにあるこのマーケットには
400店舗が店を並べていたそうですが
東日本大震災の津波で流され
復興した現在
280店舗があるそうです。


9IMGP7224.jpg




10IMGP7230.jpg




11IMGP7231.jpg




12IMGP7241.jpg

◎  函館市へ 


バスで出発しました。

添乗員も含めて総勢12名に
24人乗りのバスです。
従って1人に2席ずつの割当でした。


5IMGP7207.jpg

箱館山

函館市が近づき箱館山が見えてきました。
今回の旅行で
箱館山と駒ヶ岳
二つの山を覚えました。


6IMGP7211.jpg

雪国の信号機

赤信号で停まったとき
信号機が縦配列になっていることを
バスガイドが説明してくれました。
雪の重みに耐えられるようにとのことです。


7IMGP7213.jpg

変な店

赤信号で停車したら
こんな店がありました。
「買います。売ります。異品 珍品、変なもの」 
確かに変なものばかり並んでいます。


8IMGP7220.jpg

摩周丸

函館駅のそばの駐車場に到着。
岸壁に摩周丸が繋がれています。

この船は
1988(昭和63)年3月13日の青函連絡船最後の日まで運航しており
実際の乗り場であった旧函館第二岸壁に係留・保存してあるのだそうです。
見学できるとのことですが
横目に見て
有名な「函館朝市」に向かいました。

◎  朝の散歩 


「函館紀行」を再開します。

滞在2日目の朝
出発がゆっくりなので
前日とあまり変わらないコースでしたが
散歩しました。


1IMGP7174.jpg

ホテルの裏側

高層ではなく横に長〜い建物です。


2IMGP7180.jpg

雲の中の太陽

前日は雨から曇りでしたが
この日の予報は曇りから晴れでした。


3IMGP7179.jpg

渡れない橋

この橋に続く小径にはロープが張ってあって
通行止めでした。


4IMGP7199.jpg

水辺の苔

草も木の枯れたままなのに
苔だけが緑でした。

◎  昭和記念公園(4) 


最後は日本庭園です。


13IMGP8481.jpg

流れに浮く花びら

日本庭園に南の門から入ると
池に流れ込んでいる小さな流れがあります。
そこに浮かんでいた桜の花びらです。


15IMGP8488.jpg

石楠花

池に沿って歩いて行ったら
咲いていました。
4月10日のことですから
ずいぶん早い開花です。


16IMGP8508.jpg

枝垂れ桜

池に映る姿です。


14IMGP8513.jpg

歓楓亭(お茶室)

お抹茶を頂かないで
通り過ぎてしまったのですが
お茶室の窓から池を見るより
池越しにお茶室を見る方が美しかったのではと
負け惜しみです。


17IMGP8526.jpg

木にある椿と地にある椿



明日から「函館紀行」を再開します。

◎  昭和記念公園(3) 


今日は「撮る人」の写真です。


9IMGP8387.jpg

チューリップを撮る


10IMGP8299.jpg

枝垂れ桜を撮る


11IMGP8293.jpg

愛犬を撮る


12IMGP8268_201604220910559cf.jpg

友人を撮る

◎  昭和記念公園(2) 


昨日に続いて
チューリップです。


5IMGP8343.jpg




6IMGP8358.jpg




7IMGP8382_201604182007404ac.jpg




8IMGP8393.jpg

花だけを狙って
撮っていましたが
最後は人をいっぱい入れて撮りました。

明日は「人」の写真です。



◎  昭和記念公園(1) 


「函館紀行」の途中ですが
数日だけ昭和記念公園の写真にします。

4月10日に行きました。
晴天に恵まれた日曜日
チューリップは咲き始め
桜はまだ見頃で
大混雑でした。

チューリップと桜と人と
撮ってきました。


1IMGP8392.jpg

種類によって
咲いているものと
まだ蕾のものとあって
全体的には
まだ咲き始めでした。


2IMGP8342.jpg




3IMGP8357.jpg




4IMGP8346.jpg

◎  ホテル付近の散歩(2) 


散歩の続きです。


22IMGP7115.jpg

雪が融けたのでしょうか
水たまりの道です。


23IMGP7120.jpg

蕗の薹

あちこちの斜面や水辺で見かけました。


24IMGP7129.jpg

沼の向う端を鴨の親子でしょうか
泳いでいました。


25IMGP7156.jpg

散歩の終わり近く
ホテルが近くなって見つけた建物です。

四角い煙突があって
雪があって
ちょっと雰囲気ありますが
写真の右側に自動販売機があったり
夏場には軽食堂になるらしい部分があったりする
長い建物です。


1時間ほどの散歩になりました。
さすがに寒くなってきたので
ホテルに戻りました。

これで第1日目は終わりです。


◎  ホテル付近の散歩(1) 


大沼というのは
その名の通り大きな沼らしいですが
小さな沼も点在しています。


18IMGP7072.jpg

向うの建物は
椅子が並んでいますから
休憩所みたいなもののようです。


19IMGP7095.jpg

歩いて行くと
ロッジらしい建物が点在していましたが
冬期は閉鎖されているらしく
ひっそりとしていました。


20IMGP7098.jpg

大きな岩に細い枝が挿してあります。
(と思いました)
誰かの悪戯と思って
引っ張ってみましたが
しっかり根付いています。
挿したのでなくて
生えているのです。
まさに「ど根性**」です。


21IMGP7103.jpg

池の水面に映る枯れ木

まだ冬景色です。

◎  ホテル到着 


タクシー3台に分乗して
ホテルに到着しました。


14IMGP7059a.jpg

ホテルの大きな窓ガラス

写っているのは
黄色いタクシーと
全く芽の出ていない裸木の林です。

「3.26」
「北海道新幹線」
のポスターも見えます。


15IMGP7063.jpg

駒ヶ岳

チェックインして
部屋に入ると
窓から枯れ木の林と
雪が残る尖った山が見えました。

駒ヶ岳です。
同じ名の山が各地にあるので
北海道駒ヶ岳あるいは蝦夷駒ヶ岳と呼ぶそうです。
尖った部分と
その右側に連なるなだらかな稜線部分とからなる山です。


16IMGP7066.jpg

まだ3時半だし
雨が上がって薄日が射しかけているし
散歩に出てみることにしました。

道路の脇には雪が残っていました。


17IMGP7070.jpg

ホテルの窓に枯れ木が写っていました。

◎  新函館北斗駅 


小人数のため
初日はバスを使わないで
駅からタクシーに分乗して
ホテルに向かうことになっていました。

手違いがあったらしく
タクシーが未着だったので
暫く待たされました。


10IMGP7044.jpg

改札を出た階上のコンコースに
人だかりができています。
みんなが同じ方を見つめて
(一人だけこっちを向いている人がいますが・・・)
カメラを向ける人もいるし
有名人が来たときみたいな雰囲気です。


11IMGP7048.jpg

何だろう?
と行ってみたら
今降りたばかりの「はやぶさ」でした。
「な〜んだ」という気もしますし
「やっぱり〜」という気もしました。


12IMGP7056.jpg

「北口」だったと思いますが
駅の出口です。
多分新開地側だとは思うのですが
さびれた出口です。


13IMGP7054.jpg

こんな風景が広がっています。

左側に駅のホームや線路が見えます。

ここからタクシーに乗って
15分ばかり
大沼国定公園内にあるホテルに向かいました。

◎  北海道新幹線(2) 


「はやぶさ13号」は順調に走り続けます。


5IMGP7014.jpg

「しんあおもり」停車

ここまで何も撮ってなかったので
証拠写真みたいなものですが・・・


6IMGP7020.jpg

雨はやんでいましたが
曇り空で
東北の春は遅く
寂れた風景が続きました。

やがて
「青函トンネルに入ります」との
アナウンスがありましたが
外は見えないし・・・


7IMGP7025.jpg

北海道側で最初の駅に到着間近です。

トンネルを抜けても
川端康成の『雪国』の冒頭みたいに
「トンネルを抜けると・・・であった」
というような感慨はありません。


8IMGP7030.jpg

箱館山
(車中からの撮影で前景はブレています)

有名な函館夜景は
この山に登って見渡すのだそうです。

函館は初めてなので登ったことありませんし
今回の旅程に
夜景見物はありませんでしたが・・・


9IMGP7036.jpg

新函館北斗駅に到着

定刻に到着しました。
「開通初日は満席だったが
もうガラガラだ」
なんて酷評を聞いていましたが
満席ではないものの
かなりの人数が
この終着駅で降りました。

◎  北海道新幹線(1) 


3月26日北海道新幹線が開通しました。
乗り鉄でもないのですが
乗ってみたくなり
4月3日
それに乗って函館へ行きました。

手軽に行くため
旅行社のツアーに参加しました。
東京駅に集合してみたら
参加者11名に添乗員1名
全部で12名というこじんまりした旅でした。


1IMGP6987_2016041111052624f.jpg

乗ったのは新函館北斗行き「はやぶさ13号」で
東京駅出発は10:20

添乗員から「列車の入線は10:08です」との情報がありました。
ホームに上がったのが10:05
間もなく列車到着です。


2IMGP6990.jpg

電車が入ってきました。

大勢ではありませんが
カメラに収める人がいますから
「写真を撮る方は黄色い線の内側でお願いします」
と放送がありました。


3IMGP6997.jpg

車内清掃のため
すぐには乗れませんから
前の方へ行ってみました。

運転手交代です。
互いに目を合わせることもなく
言葉を交わすこともなく
1人が出て行き
1人が乗り込んだのには
いささかびっくりでした。


4IMGP6998.jpg

先頭車両

定刻通りに出発しました。
停車駅は
大宮、仙台、盛岡、八戸、新青森、奥津軽いまべつ、木古内、新函館北斗です。

青函トンネルは奥津軽いまべつ〜木古内間にあります。

◎  春爛漫 


染井吉野は散ってしまい
八重桜が咲き
春爛漫となってきました。


1IMGP8857.jpg

八重桜


2IMGP8875.jpg

乙女椿


3IMGP8820.jpg

チューリップ


4IMGP8826.jpg

新芽

◎  皇居雅楽演奏会(4) 


秋の日暮れは早く
4時半頃ですが
灯りが点り始めていました。


15DSC09644.jpg

大手町に向かう


17DSC09656.jpg

和田倉濠に映る東京銀行協会ビル


18DSC09662.jpg

和田倉濠に映る日生丸の内ガーデンタワー



「皇居雅楽演奏会」はこれで終わります。

◎  皇居雅楽演奏会(3) 


演奏会が終わって退出です。
行く時は何となく気ぜわしく歩きましたが
帰りはぶらぶら写真を撮りながらでした。


11DSC09629.jpg

石垣と松


12DSC09633.jpg

百人番所


13DSC09635.jpg

百人番所の屋根瓦


14DSC09643.jpg

大手門出口から見る大手町のビル

◎  皇居雅楽演奏会(2) 


演奏の準備が始まりました。


7DSC09588.jpg

中央にあるのが太鼓
奥の両側が大太鼓
床上左が筝で
右が琵琶


8DSC09590.jpg

琴を運んでいます。


9DSC09595.jpg

鉦鼓(しょうこ)


10DSC09597.jpg

鞨鼓(かっこ)


笙(しょう)や篳篥(ひちりき)は
楽人が手に持って舞台にあがります。


◎  皇居雅楽演奏会(1) 


昨年10月23〜25日午前午後各1回
合計6回
宮内庁楽部による雅楽の演奏会が催されました。

応募の方法は
希望の日時を指定して
往復ハガキで申込みます。

妻が是非行きたいといって
私の分もハガキを出してくれました。

そして当ったのは私で
妻はハズレでした。
代わってあげたいのですが
ハガキの本人以外は無効とのことで・・・


1DSC09578.jpg

当選したのは10月23日午後の部でした。
指定時間よりかなり早めに行きましたが
長い行列ができていました。
写真は行列がかなり進んで検問所(前方のテント)が近くなった頃です。

ハガキと免許証などの身分証明書を確認して
荷物検査をして
ようやく東御苑内に入れます。
ここから
演奏会場までかなり歩きます。


3DSC09617.jpg

会場入り口

これは終わって出る時の様子です。
入る時はもっと混雑していたし
受付係がいて
ここで再度ハガキを見せて入りました。

自由席ですから
入る時は
みんな気が急いていて
写真なんか撮る人はいませんでしたが
終わってからは
ゆっくりと記念撮影する人たちが多く見られました。


4DSC09611.jpg

開演前の舞台

ここで演奏が行われます。
演奏中は撮影禁止でしたが
その前後と休憩時間は
「どうぞ撮って下さい」とのことでした。


5DSC09585.jpg

大太鼓


6DSC09601.jpg

舞台の裾模様

◎  春の散歩(11) 


最後に再び椿です。


21IMGP6419.jpg




22IMGP6682.jpg




23IMGP6788.jpg




24IMGP6618.jpg

コンロンツバキ
(崑崙椿)

名札があったので分かりました。
開きかけたところです。


これで「春の散歩」は終わりです。


◎  春の散歩(10) 


散歩道で見たいろいろ。


17IMGP6800.jpg

園芸店の飾り


18IMGP6818.jpg

菜の花撮り

奥さまが撮って
ご主人は見ている。
最近の傾向です。


19IMGP6828.jpg

山靴に咲く花


20IMGP6847.jpg

窓の内外

この窓辺にはいつも花があるのですが
今の時期は窓外にも花が・・・

◎  春の散歩(9) 


冬の名残
そして
春の芽吹き。


13IMGP6673.jpg

紫陽花

昨年の花は枯れ果て
隣には新芽が出ていました。


14IMGP6685.jpg

鉢植え

桶が壊れても芽吹いています。


15IMGP6716.jpg

唐楓の芽吹き


16IMGP6665.jpg

人生の芽吹き

◎  春の散歩(8) 


散歩道にはいろいろと・・・


9IMGP6720.jpg

土筆


10IMGP6761.jpg

スノーフレーク(鈴蘭水仙)


11IMGP6763.jpg

チューリップ

ずらりと並べて植えてあったのですが
他の株はまだ固い蕾で
この1本だけが咲いていました。



12IMGP6819.jpg

水仙

背景は学習塾です。

◎  春の散歩(7) 


いろいろな花たちが咲いていました。


5IMGP6388.jpg

パンジー


6IMGP6428_20160329171502cff.jpg

雪柳


7IMGP6634.jpg

水仙


8IMGP6683.jpg

ヒマラヤユキノシタ

◎  春の散歩(6) 


今日は椿です。


5IMGP6348.jpg

乙女椿


6IMGP6373.jpg

逆光に輝く薮椿


7IMGP6385.jpg

雄しべ


8IMGP6336.jpg

落ち椿

◎  春の散歩(5) 


白木蓮です。
この頃すでに終わった木が多かったのですが
遅れ咲いている木を探しました。


17DSC00750.jpg

青空をバックに


18IMGP6518.jpg

幹をバックに


19IMGP6703.jpg

ふたつ並んで


20IMGP6702.jpg

茂みをバックに

◎  春の散歩(4) 


日本庭園のツツジです。


13DSC00752.jpg

ツツジの小さな木があちこちに


14IMGP6638.jpg

池のほとりに


15IMGP6640.jpg

近寄って


16IMGP6642.jpg

石段の上に


◎  春の散歩(3) 


「春の散歩」(3/27撮影)を続けます。
今日は新芽です。


9DSC00737.jpg

椿の向うは欅


10DSC00745.jpg

メタセコイア

すらりとした長身は素敵です。


11IMGP6442.jpg

イヌシデ

小さな葉が出ました。


12IMGP6425.jpg

ドウダンツツジ

◎  桜満開 


「春の散歩」連載を始めたところですが
今日は「桜満開」を挿入します。


1IMGP6860.jpg

染井吉野満開


2IMGP6897.jpg

花の下で


3IMGP6935.jpg

風もなく
陽射し柔らかく


4IMGP6873_2016040117093055f.jpg

山桜


5IMGP6911.jpg

紅枝垂れ

◎  春の散歩(2) 


撮ったのは3月27日
咲き始めの桜です。


1IMGP6710.jpg

桜の下のサッカー少年たち


2IMGP6750.jpg

桜が咲いていても
ここを通れる身分証明書がないので・・・


3IMGP6768.jpg

二人きりのお花見

ご主人がワンカップで
グイと飲んでいるショットもあるのですが・・・


4IMGP6836.jpg

誰もいないけど
桜は咲く。


back to TOP