Photo & Essay

◎  ビジターセンターへの道 


ビジターセンターへの道を歩いています。
実は
午後1時半を回っているのに
まだお昼を食べてないのです。

センターにレストランがあるから
そこで自由昼食・・・
ということになっていました。


10IMGP3217.jpg

左側に氷河が見えます。

画面の真ん中に赤いものが見えますが・・・


11IMGP3221.jpg

近づいてみると
赤いのは小さなケーブルカーでした。

これに乗れば
氷河まで降りて行けるらしいです。


12IMGP3232.jpg

だんだん氷河が近づいてきます。


13IMGP3215.jpg

氷河と反対側
道路の右側の岩の間に
アルプスアザミが生えていました。

僅かな土しかないのに・・・
ここにも「ド根性・・・」がいました。

◎  駐車場へ到着 


今日の目的地
フランツ・ヨーゼフス・ヘーエの駐車場に到着しました。

オーストリアの最高峰
グロース・グロックナー(3798m)を望む展望台(2369m)です。

展望台の名は
1856年にハプスブルク帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と
皇妃エリザベート(シシィ)が
グロース・グロックナー山を間近で観察するため訪れたので
それを記念して
後に名付けられたそうです。

駐車場からビジターセンターに向かって歩きます。
途中に立て札があって
下を覗くとマーモットの見える地点が数カ所ありました。


6IMGP3199.jpg

マーモット


7IMGP3203.jpg

マーモットはリス科の動物で
アルプスでよく見られます。
穴の中で生活していますが
チョロチョロと山の斜面などを走り回ります。


8IMGP3210.jpg

崖の中腹に造られた立派な道路を歩きます。


9IMGP3213.jpg

雨は上がりましたが
とても寒いです。

ピンクのコートは同行の女性です。
この姿では寒かったことと思います。

◎  山岳道路を行く 


休憩を終えてバスは出発です。
窓から移り行く風景を撮りました。


1IMGP3180.jpg

氷河


2IMGP3182.jpg

雪山


3IMGP3184.jpg



休憩地点で撮った湖ですが・・・


4IMGP3185.jpg

見下ろしていた湖のそばを通過


5IMGP3190.jpg

ガレ場

◎  フッシャーテール 


フッシャーテールの山小屋付近。


17IMGP3162.jpg

ここから見える山々の説明図。

GR. GROCKNER(グロース・グロックナー)3798mは
オーストリアの最高峰です、

この山を近くで見上げる展望台
フランツ・ヨーゼフ・ヘーエに
これから向かいます。


18IMGP3163.jpg

実際の展望


19IMGP3178.jpg

カメラを左に振ると・・・


20IMGP3176.jpg

附近には
花々が・・・

◎  山岳道路ドライブ 


グロース・クロックナー山岳道路に入りました。

雨が止んで晴れてきました。


13IMGP3131.jpg

ガスが湧きあがっています。


14IMGP3140.jpg

山に向かって走っています。


15IMGP3143.jpg

休憩所が近くなりました。


16IMGP3152.jpg

フッシャーテールの山小屋に到着して
トイレ休憩です。

標高2430m
かなり寒いです。

◎  雨の中をバスは走る 


休憩後
雨の中をバスは走りました。


9IMGP3092.jpg

村の教会が見えて・・・


10IMGP3093.jpg

雨の交差点

面白い像がありました。
その右に立っている標識から
交差点での曲がり方が分かると思います。


11IMGP3101.jpg

牛が草を食んで・・・


12IMGP3109.jpg

山裾に村が見えて・・・


雨の中をバスは走りました。

◎  クリムルの滝 


滝の見える所でトイレ休憩しました。


5IMGP3067.jpg

空には黒い雲が・・・


6IMGP3072.jpg

湖が見えて・・・


7IMGP3088.jpg

滝が見えて・・・

ここで休憩です。


8IMGP3085.jpg

村を見下ろして・・・

休憩した所は高台になっていて
下の方に村が見えました。

◎  出発 


オーストリア観光第4日目の朝です。

今日(7/9)は山岳道路ドライブで
220km走ります。

標高の高い所に行くから
寒さが心配なのに
天気が悪くなってきて・・・
山には雲がかかり
小雨が降っていました。


1IMGP3057.jpg

8時半出発

凱旋門のそばにバスが来てくれました。


2IMGP3060.jpg

線路を越えて・・・

架線がないことに気づきました。
電車じゃない・・・


3IMGP3061.jpg

川を渡り・・・

これはイン川だったかも知れません。


4IMGP3062.jpg

村々を過ぎて・・・

◎  深大寺門前 


昼頃一旦神代植物公園を出て
隣接する深大寺門前で昼食をとりました。

「神代」と「深大」
どちらも「ジンダイ」と読みますから
紛らわしいです。

以前にあったことですが
「神代」の正門前に集合という連絡がありました。
一人だけ定刻になっても来ないので
もしやということで
探しに行ったら
彼は「深大寺」の山門前で待っていました。


10IMGP8810.jpg

山門

内側からです。
これを潜ると門前の通りに店が並んでいます。


11IMGP8811.jpg

土産物店


12IMGP8815.jpg

草まんじゅう


13IMGP8816.jpg

深大寺蕎麦

これとは別の店で蕎麦を食べました。


明日から「オーストリア紀行」を再開します。

◎  ミニ盆栽展 


神代植物園内の
植物会館でミニ盆栽展をやっていました。


14IMGP8900.jpg

ヒメリンゴ


15IMGP8911.jpg

マユミ


16IMGP8910.jpg

???

◎  温室の花(2) 




7IMGP8652.jpg

ブルー・スモーク
(熱帯スイレン)


8IMGP8668.jpg

ハイビスカス
(アオイ科)


9IMGP8673.jpg

高砂の翁
(ベンケイソウ科)

◎  温室の花(1) 


神代植物公園温室の花です。


4IMGP8576.jpg

花の名札を撮ったつもりが
別の花のだったため
名前は不詳です。


5IMGP8579.jpg

地湧金蓮(ちゆうきんれん)

中国雲南省・貴州南部原産のバショウ科。
重なり合った葉の間に小さな黄色い花をつけるそうです。
地面から湧き出るように
黄金色の花が咲くことから
付けられた名前。

花はまだでしたが
名前が気に入ったので・・・


6IMGP8642_2016111410440032c.jpg

ベゴニア

◎  菊の花 


「オーストリア紀行」は観光第3日が終わりましたので
ちょっと休憩して
先日の神代植物公園の花などを
数日アップします。

今日は菊。
行ったのが11月の始めですから
テントで菊花展が開かれていました。


1IMGP8891.jpg

菊花展一花一花に愛籠もる   岡村容子


2IMGP8517.jpg

菊花展その裏側の薬缶酒   能村研三

まさかここでそんなことは・・・


3IMGP8514a.jpg

白菊にほのと黄のさす日和かな   鷹羽狩行



◎  インスブルック駅へ(5) 


インスブルック駅です。


17IMGP3010.jpg

ホームの一方の端


18IMGP3018.jpg

上と反対側の端

左側に
ジャンプ台が見えます。
この街に着いたとき
バスの中から撮ったことを思い出しました。

インスブルックは
2回も冬期オリンピックを開催しています。


19IMGP3027.jpg

停車中の電車

ホームとホームの間にセイタカアワダチソウが咲いています。
日本では田舎の小さな駅でよく見る光景ですが・・・


20IMGP3033.jpg

自転車のマーク

車内に持ち込みできるのでしょう。


駅の見学を終えて
結局夕食はホテルで食べることにして
同じ道を戻りました。


これで漸く観光3日目の終わりです。
明日は山岳道路を走ります。


◎  インスブルック駅へ(4) 


インスブルック駅の構内に入ってみました。


13IMGP3004.jpg

大きな絵

入った正面の上に掲げてありました。
インスブルックの街を表現しているのだろうと思っています。

ホームが何本かあるようですが
地下のコンコースでつながっています。


14IMGP3012.jpg

コンコースの壁画

長い絵です。


15IMGP3015.jpg

壁画の続き


16IMGP3016.jpg

ホームの待合室

適当なホームに上がってみました。

ヨーロッパの駅に改札口はありません。
ここまで自由に入れます。

◎  インスブルック駅へ(3) 


インスブルック駅に到着です。


9IMGP2992.jpg

正面の赤い文字 ÖBB が駅

ÖBB はオーストリア連邦鉄道の略称です。

自転車が並んでいるビルは
大きなスーパーでしたが
午後7時閉店だそうで
ちょうど閉まったところでした。




10IMGP3040.jpg

駅舎

2階から上が張り出していて
1階部分はアーケードのようになっています。


11IMGP3000.jpg

アーケード部分

鉄道の駅だから長い建物です。


12IMGP3002.jpg

アーケードから見た駅前

カメラをもう少し左に振ればよかったのですが
放置自転車の群れが見えます。

◎  インスブルック駅へ(2) 


駅に向かってぶらぶら歩きです。


5IMGP2972.jpg

ビルの窓

窓の上に人物の肖像が飾ってありますが
右端の像の下に
「シュトラウス」と書いてあります。

どちらのシュトラウスさんか分かりませんが・・・


6IMGP2984.jpg

立派なビルがありました。


7IMGP2987.jpg

玄関の上の窓

内側から見れば
美しいステンドグラスなのでしょう。


8IMGP2986.jpg

ステンドグラスの上の母子像

◎  インスブルック駅へ(1) 


「オーストリア紀行」を再開します。

観光を終えてホテルに戻って
休憩した後
6時半過ぎになって
散歩に出ました。

この日の夕食は自由で
希望者は添乗員が予約してくれたレストランで
キノコ料理を食べるとか・・・
でもそのために
もう一度旧市街まで出かけるのも
気が進まないので
参加しませんでした。

地図を見ると
インスブルックの駅まで
そう遠くないので行ってみようと・・・
ついでに夕食が食べれればと・・・


1IMGP2960.jpg

ホテルを出たところ


2IMGP2962.jpg

路面電車

ホテル前の通りです。
画面に入っていませんが
左に凱旋門があります。
右に進むと駅です。


3IMGP2973.jpg

飾り窓のカエルたち


4IMGP2976.jpg

読書中のカエル

◎  紅葉・黄葉 


紅葉・黄葉はまだこれからですが
色づいている木もありました。
(11月4日撮影)


18IMGP8800.jpg

ムクロジ


19IMGP8874.jpg

カキ


20IMGP8792.jpg

イロハモミジ

まだきれいな緑色でした。


21IMGP8723.jpg

カリヨン

これは紅葉しませんが
毎正時に音楽を奏でていました。


明日から「オーストリア紀行」を再開します。

◎  バラ 


昨日は
「撮る人・描く人」の写真でしたが
今日は
自分が撮る人になって・・・


14IMGP8747.jpg

寄り添って


15IMGP8759.jpg

裸身の前で


16IMGP8768.jpg

秋の陽を浴びて


17IMGP8727.jpg

際立ちて薄紅の薔薇微笑めり   長崎桂子

◎  薔薇を撮る人、描く人 


温室を出て
バラ園に行きました。
かなりの人たちが秋バラを楽しんでいました。
見る人 撮る人 描く人

その内の撮る人と描く人を撮りました。


10IMGP8724.jpg

狙いを定めて


11IMGP8736.jpg

バラに埋もれて


12IMGP8734.jpg

対象をしっかり見て


13IMGP8735.jpg

座り込んで

小学生が大勢写生に来ていました。

◎  サボテン 


温室に小型のサボテンが多種類ありました。
名前を記録してきたので書いておきます。


7IMGP8676.jpg

金杯


8IMGP8704.jpg

長刺白珠丸


9IMGP8713.jpg

妖鬼丸

凄い名前だから
ぜひアップしようと思いました。


10IMGP8698.jpg

かぐや姫

これも外せません。


◎  ラン 


神代植物公園は暫くぶりでしたが
温室の建物が新しくなっていました。
展示されている植物はあまり変わりないようですが・・・

今日は温室のランです。


6IMGP8636.jpg




4IMGP8602.jpg




5IMGP8624.jpg




7IMGP8629.jpg

◎  ダリア 


今日から「オーストリア紀行」再開のつもりでしたが
休みついでに花の写真をアップすることにします。

先週神代植物公園に行きましたが
ダリアがまだきれいでした。


1IMGP8537.jpg




2IMGP8538.jpg




3IMGP8560a.jpg


千万年後の恋人へダリア剪る   鷹女



4IMGP8551.jpg

これはまだ蕾だから
剪りません。


◎  グリーンロード散歩(2) 




4IMGP7706.jpg

柿の木

実よりも色づいた葉が好きです。


5IMGP7776.jpg

カバの彫刻

グリーンロードには
小さな彫刻がいくつも置いてあります。


6IMGP7824.jpg

街灯

馬車の看板は洋菓子屋さんです。

◎  グリーンロード散策(1) 


「オーストリア紀行」の途中ですが
写真の準備が間に合わないので
小平グリーンロード散歩の写真をアップします。

今日は
このロード沿いにある
小平ふるさと村の古民家。


1IMGP7719.jpg

それらしく並べ過ぎているという
感じもしますが・・・


2IMGP7722.jpg

1枚目の一部


3IMGP7731.jpg

板張りの床


囲炉裏に火が燃えていましたが
あまりにチョロチョロだったので
撮りませんでした。

◎  自転車のある風景 


ホテルへの帰り道で撮った
自転車のある風景。


5IMGP2931.jpg

現地では気がつかなかった・・・
というより気にしていなかったのですが
こうして写真を並べてみると
ほとんどが片足スタンドです。


6IMGP2936.jpg

検索で調べたら
荷台付きには両足スタンド
そうでない場合には片足スタンド
というのが基本らしいですが
この自転車は荷台があるのに片足です。
荷物を載せるのに不便では?

それと
この自転車はスタンドのついている位置が
車体の真ん中(センタースタンド)です。


7IMGP2941.jpg

これのスタンド取り付け位置は日本と同じ。


8IMGP2946_201610242012054bc.jpg

走行中
カッコイイ!

◎  街歩き 


大聖堂の見学を終えて
これで今日の観光は終了です。

ここから自由行動になります。
まだ3時前だから
王宮も見れるし・・・
なのですが
疲れてしまったので
ホテルに戻ることにしました。

1km足らずの道のりですから
写真を撮りながら
ぶらぶらと・・・

1IMGP2922.jpg

解散した辺りの細道

曲がっている小路は魅力的です。


2IMGP2953.jpg

旧市街から出れば
道幅は広くなり
近代的なビルが建っています。


3IMGP2955.jpg

馬車

馭者は女性でした。


4IMGP2956_20161024201143c9c.jpg

(シェルブールならぬ)
インスブルックの雨傘


ホテルに帰ってひと休みしました。
(体力ないなあと慨嘆!)

◎  大聖堂(5) 




17IMGP2912.jpg

柱頭部


18IMGP2910.jpg

燭台


19IMGP2917.jpg

葡萄と小鳥


20IMGP2893.jpg

パイプオルガン

チロル地方で一番美しいといわれているそうです。

◎  大聖堂(4) 




13IMGP2921.jpg

柱が素晴らしいです。
手前の金色の彫刻も・・・


14IMGP2913.jpg

上で金色の彫刻と書きましたが
金と銀なのでしょうか〜


15IMGP2908.jpg

湾曲した窓!
窓の下の装飾!
上の方の彫刻!


16IMGP2906.jpg

上の方の彫刻です。



back to TOP