Photo & Essay

◎  近所の散歩(2) 




4DSC02118.jpg

タンポポ

白い球状の実は美しいと思いますが
これが散って
みんな根付いたら
大変!!!


5DSC02240.jpg

ビオラ

道と壁の隙間にしっかり根付いて咲いていました。
下の黒っぽいのが歩道で
上の白っぽい部分が塀の土台です


6DSC02265.jpg

シラー

ユリ科の花です。
農家の前庭に咲いていました。

◎  近所の散歩(1) 


5月初旬の散歩ですから
季節感にズレがありますが・・・


1DSC02205.jpg

錆びたドラム缶と古タイヤ

住む人のなくなった家の庭に
春の日を受けて転がっていました。
傍にはハルジオンが咲いて・・・


2IMGP3007.jpg

春の小川

両岸はしっかりと固められ
コンクリートの関が作られた現代版「春の小川」ですが
ナノハナがいっぱい咲いて・・・


3DSC02231.jpg

春耕

周りに宅地やビルが押し寄せていますが
今年は何を植えるのでしょうか・・・

◎  東京散歩(明治神宮) その3 


参拝後
楼門の飾りを撮って
同じ道を帰りました。


36IMGP3432.jpg

提灯の御紋章


37IMGP3439.jpg

五三の桐


38IMGP3443.jpg

扉の飾りですが名称はわかりません。
ハートに見えますが・・・


39IMGP3451.jpg

退出


この日の東京散歩は
これでオシマイです。

◎  東京散歩(明治神宮) その2 


やや日が西に傾き始めていましたが
長い参道を歩きました。


32IMGP3420.jpg

大鳥居

日本一の大鳥居だそうです。
高さ:12メートル
幅:17.1メートル
柱の直径:1.2メートル
重さ:13トン

台湾の丹大山から切り出した樹齢1500年の檜だそうです。


33IMGP3427.jpg

第三の鳥居

この先に
楼門、本殿と続きます。


34IMGP3430.jpg

楼門

大寺を思わせるような楼門です。


35IMGP3434.jpg

本殿

正月には
広い(そして長い)参道から
ここまで人で埋まるのでしょうが
よく晴れた春の日曜日の夕方
参拝客はこんなものでしたから
ゆっくりと参拝できました。

◎  東京散歩(明治神宮) その1 


原宿駅前を通り過ぎて・・・
久々に
明治神宮を参拝することにしました。


28IMGP3398.jpg

神宮橋のたもとで
大鍋の底をドラムのように打っている青年がいました。

ここを通り過ぎて
参拝を終えて
小一時間後に戻ってきましたが
その時も
彼は鍋の底を打ち続けていました。


29IMGP3405.jpg

南参道入り口の鳥居


30IMGP3416.jpg

参道脇のワイン樽

神社に日本酒の樽が積み上げてあるのはよく見かけますが
ワインは珍しいです。


31IMGP3456.jpg

日本酒の樽
(ほんの一部です)

さすがに日本酒もありました。
外人観光客も多数参拝(観光?)に来ていましたが
ワインより日本酒の方が人気のようで
この前で記念撮影している人たちが沢山いました。

◎  東京散歩(原宿) その5 


若い人がぞろぞろ行く方向について行ったら
竹下通りにやってきました。


25IMGP3389.jpg

竹下通り入り口
(明治通りからの)


26IMGP3395.jpg

人混みに揉まれて歩きました。
この通りを歩くためのコスチュームの女性もいたし
外人さん(黄色白色)も多かったし・・・
ですが
こんなあらぬ方を撮っただけで・・・


27IMGP3397.jpg

竹下通りの最後は上り坂だったので
原宿駅前に出たところで振り返ると・・・

◎  東京散歩(原宿) その4 


脇道にどんどんそれて行きました。


22IMGP3370.jpg

往く人


23IMGP3372.jpg

来る人


24IMGP3377.jpg

往く人も
来る人も

◎  東京散歩(原宿) その3 


裏通りに入って行くと
原宿辺りとは思えないような風景も・・・


19IMGP3369.jpg

2階には美容室があるようですが・・・


20IMGP3367.jpg

こんなゴチャゴチャ配線で大丈夫なのか
心配になりますが・・・


21IMGP3373.jpg

整然としていますが・・・

◎  東京散歩(原宿) その2 


店先の展示・・・

16IMGP3330.jpg

帽子


17IMGP3352.jpg




18IMGP3378.jpg

ロボット

◎  東京散歩(原宿) その1 


乃木坂駅から表参道表参道まで
ひと駅地下鉄に乗って
そこから
原宿駅までぶらぶら歩くことにしました。


13IMGP3326.jpg

ビルの窓に映る新緑


14IMGP3351.jpg

連なるポスター


15IMGP3363.jpg

連なる影


◎  東京散歩(六本木) その4 


ミッドタウンから国立新美術館へ。


10IMGP3311.jpg

新国立新美術館

「新」とはいうものの
開館10周年だそうです。
これから
10年経っても
20年経っても
「新美術館」なのでしょう。


11IMGP3324.jpg

開催中の「草間弥生 我が永遠の魂」展が大人気で
チケット売り場も
会場入り口も
長い行列ができていました。


12IMGP3325.jpg

同時に「ミュシャ展」も開催中です。
こちらは先日観ました。
「草間彌生展」は行列のあまりの長さに
敬遠しました。

◎  東京散歩(六本木) その3 


ミッドタウンの中に入りました。


7IMGP3238.jpg

縦横斜め縞模様


8IMGP3246.jpg

縦縞模様


9IMGP3256.jpg

透し模様

◎  東京散歩(六本木) その2 


東京ミッドタウンが近づいてきました。


4IMGP3211.jpg

東京タワー


5IMGP3214_20170513205928867.jpg

フリットの店


6IMGP3222.jpg

鯉のぼり

◎  東京散歩(六本木) その1 


5月初旬のよく晴れた日
カメラを持って東京を歩きました。

まず地下鉄を乃木坂で降りて
東京ミッドタウンに向かいました。


1IMGP3207.jpg

カツラユミ ブライダルハウス


2IMGP3208.jpg

メルセデスベンツ コネクション


3IMGP3209_20170513205924bbf.jpg

ビルの外壁

◎  散歩(3) 


近所の散歩の最終回です。


7IMGP3153.jpg

ナノハナのある工場


8DSC02155.jpg

鯉のぼりのあるアパート
(5月5日の撮影)


9DSC02128.jpg

休日の工場

◎  散歩(2) 


近所の散歩の続きです。

4DSC02040.jpg

植木鉢のある家


5DSC02055.jpg

空き家の片隅


6DSC02069.jpg

日当たりのよい庭

◎  散歩(1) 


近所の散歩です。


1DSC02022.jpg

レンガ


2DSC02026.jpg

ツツジ


3DSC02052.jpg

シュロの影

◎  牡丹の頃(7) 


多聞院からの帰り道で撮った
花のある家々です。


19IMGP3185.jpg

ハナミズキの咲く家


20IMGP3190.jpg

モッコウバラの咲く家


21IMGP3191.jpg

ボタンの咲く庭

◎  牡丹の頃(6) 


多聞院への途中で撮った木々。


16IMGP2985.jpg

アカメガシワ

出たばかりの葉が赤くて
目を惹きます。


17IMGP3199.jpg

トウカエデ

秋の紅葉が美しいですが
若葉も赤みがかって・・・


18IMGP3192.jpg

ツバキ

街路樹ですが
まだ花をつけていました。

◎  牡丹の頃(5) 


多聞院への途中で撮った花々。


13IMGP2966.jpg

モッコウバラ


14IMGP2967.jpg

ハナミズキ


15IMGP3164.jpg

タンポポの綿毛

◎  牡丹の頃(4) 


神明社の隣に牡丹の寺
多聞院があります。

ここは牡丹の他にも・・・


10IMGP3121.jpg

モミジの若葉


11IMGP3050.jpg

クマガイソウ

ちょっと終わりかけでしたが・・・


12IMGP3103.jpg

ハンカチの木

◎  牡丹の頃(3) 


多聞院への道すがら・・・


7IMGP3004.jpg

一筋の道

こんな畑地を横に見ながら
歩いて行きました。


8IMGP3019.jpg

鎮守様〜神明神社


9IMGP3017.jpg

神明社屋根の上の若葉

◎  牡丹の頃(2) 


「牡丹の肖像」第2集。
咲いていた場所は
宝塔山吉祥寺・・・通称多聞院です。


4IMGP3063.jpg




5IMGP3134.jpg




6IMGP3032.jpg

◎  牡丹の頃(1) 


GWも終わり
季節はどんどん進みますが
4月の末
牡丹の頃のシリーズを送ります。

まずは「牡丹の肖像」


1IMGP3043.jpg




2IMGP3047.jpg




3MGP3139.jpg

◎  グラーベン通り 


シュテファン寺院にほど近い
ペスト記念柱に行ってみました。


37IMGP4915.jpg

ペスト記念柱

ヨーロッパ各地に猛威をふるったペストは
1679年にウィーンを襲い
10万人もの死者が出ました。
 皇帝レオポルド1世は
ペストが終結したことを記念して
この塔を建てました。


38IMGP4920.jpg

記念柱の上にあるのは
「父と子と聖霊」を象徴する三位一体像だそうです。 


39IMGP4931.jpg

観光馬車


40IMGP4925.jpg

ショーウィンドウ


この後
王宮を見たり・・・
というコースもありましたが
疲れてしまったので
路面電車で街を一周することにしました。

前回も挑戦したのですが
途中で乗り換えなかったため
全然別の方に行ってしまって
不成功でした。
東京の山手線とは違うのです。

今回もひとつ手前で乗り換えようとしたり
トラブルもありましたが
どうやら一周して元に戻ることができました。

その後ホテルに戻り
全員揃って空港へ・・・
そして無事帰国しました。

長い間「オーストリア紀行」をご覧頂き
ありがとうございました。
 

◎  シュテファン広場 


大聖堂を出て
周りの様子を・・・


33IMGP4908.jpg

無料で休憩する人たち


34IMGP4883.jpg

カフェで休憩する人たち


35IMGP4881.jpg

青いドームは聖ペーター教会


36IMGP4911.jpg


◎  シュテファン寺院 


大聖堂の中に入りました。


29IMGP4892.jpg

主祭壇


30IMGP4889.jpg




31IMGP4899.jpg

燭台


32IMGP4904.jpg

パイプオルガン

半分です。
もう半分が左側にあります。


観光客がいっぱいで
聖堂らしい静粛さがありません。

前回はエレベーターで塔に登ったりもしたのですが
堂内をぐるっと一回りして
出てしまいました。


◎  シュテファン広場 


シュテファン寺院が見えて来ました。


25IMGP4876.jpg





26IMGP4879.jpg

正式にはシュテファン大聖堂

ハプスブルク家歴代君主の墓があるほか
モーツアルトの結婚式と葬式が行われた聖堂でもあります。

塔の高さは107メートルで
教会の塔としては世界3位だそうです。


27IMGP4884.jpg




28IMGP4885.jpg

入り口の前に
モーツアルトみたいな人が何人もいます。
観光客向けに今夜行われるコンサートのチケットを
売っているのだと思います。


◎  ケルンストナー通り(4) 




21IMGP4862.jpg

クリムトの専門店

大きく掲げられているのは
またしても「接吻」
しかも背景の色だけ変えて4枚!
よほどの人気商品だと思われます。


22IMGP4865.jpg




23IMGP4870.jpg

またまたスワロフスキー

オーストリアに来て
最初の訪問都市ザルツブルクで見かけて以来
繁華街には必ずある店です。


24IMGP4873.jpg

◎  ケルンストナー通り(3) 


ちょっと脇道に入って見ました。
今になって地図で調べると
ノイヤー・マルクト(新しい市馬)という広場です。


17IMGP4842.jpg

ドンナーの泉

オーストリアの彫刻家ドンナー によって制作された泉で
神の摂理をテーマにしているそうです。


18IMGP4846.jpg

この泉はドンナーの代表傑作で
現在ウィーンで一番美しい泉の一つに数えられているとのことですが
かの貞節な女帝マリア・テレジアの目には裸の彫像群は猥褻極まりない作品と写ったらしく
彼女は泉を撤去させて溶かしてしまうよう命じましたが
フィッシャーという彫刻家の手によって
1801年まで隠されていて無事でした。
現在ここにあるものは複製で
オリジナルは下ベルベデール宮殿内で見ることができるそうです。


19IMGP4851.jpg

泉周辺の建物


20IMGP4857.jpg

泉周辺の建物


back to TOP