Photo & Essay

◎  富岡製糸場(1) 

7月21日、
群馬県富岡市にある
富岡製糸場へ行ってきました。

これは日本初の機械で絹糸を作る工場で、
明治5年に操業を開始しました。

当初は官営の工場でしたが、
明治26年三井家に払い下げられ、
更に明治35年には原合名会社(社長は横浜の「三溪園」で有名な原富太郎)に渡り、
昭和14年に片倉製糸紡績会社の所有となり、
昭和62年まで約115年間操業を続けました。

平成17年富岡市に寄贈され、
平成18年国の重要文化財に指定されました。

現在は関連施設とともに、
世界文化遺産に登録する取り組みが進められています。
(敷地は1万6千余坪)



1DSC04097.jpg

門柱。



2DSC04098.jpg

門を入ると正面にあるのが東繭倉庫。
建物の長さ:104.4m、
幅:12.3m、
高さ:14.8m



3DSC04107.jpg

上の写真で、
入り口周囲に足場が組まれていますが
その下にアーチがあり、
アーチの要石(Key stone)に「明治五年」と、
完成年が刻まれています。



4DSC04105.jpg

東繭倉庫の右半分。
現在は、
この中が展示場になっています。



5DSC04106_201308011730510a9.jpg

東繭倉庫の左半分。

建物の構造は「木骨煉瓦造り」という珍しいものです。
木造の骨組みに煉瓦壁を積み並べた構造で、
西洋から入ってきた建築技術でした。

屋根の荷重は、
柱、梁などの木骨にかかり、
壁には殆どかからない特徴があります。
そのため、
煉瓦だけで建てられた建造物よりも壊れにくくなります。



6DSC04163.jpg

使われている煉瓦の積み方の見本で、
「フランス積み」と呼ばれています。

次回に続きます。


COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

capucinoさん

私が以前撮影アップしました深谷市誠之堂もフランス積みです
イギリス積み等 他の煉瓦積み工法より
外観の煉瓦の美に関しては フランス積みが一番美しいように思えます
群馬県立近代美術館・群馬県立歴史博物館
撮影の際 群馬県立歴史博物館内に
富岡製糸場展示されていて興味深く見て周りました
日本初の機械で絹糸を作る製糸場
日本の輸出に多大な貢献した工場です
渋沢栄一が建設に尽力しています
誠之堂や東京駅丸の内駅舎と同じく
深谷市日本煉瓦製造で焼かれた煉瓦ではと思って調べてみましたが 
まだ分かりません
capucinoさんがお分かりでしたらお教えて下さいね
実は 私は煉瓦が大好きなのです
撮影アップされた富岡製糸場は魅力的です
原 富太郎氏の子孫の方が横浜市に三溪園を寄贈され 
富岡製糸場を富岡市に寄贈されたことを感謝したいと思います

一枚目のお写真
縦構図の中 右手丸ポスト
この赤と背後の煉瓦はとても似合いますよね
やはり 煉瓦は魅惑的な建材です
次回が楽しみです

2013/08/01(木) 19/48|URL|香月 りら [edit]

りらさん、
コメントありがとうございました。

東京駅の煉瓦は埼玉産と、
りらさんからお聞きしたようだったので、
もしかしたら、
この煉瓦もと思いましたが、
違いました。

富岡製糸で貰ってきたパンフレットには、
>使用された煉瓦は日本の瓦職人が甘楽町福島に窯を築いて作りました。
目地には下仁田町の青倉、栗山産の石灰で作られた漆喰を使いました。
また、礎石には甘楽町小幡から切り出された砂岩が使われました。<
とありましたから、
この建物のために窯を作って焼いたようです。

1枚目はですね・・・
出かける前に、(今思い出せないのですが)
何かで見たのです。この構図を。

着いた途端、赤いポストがあったので、
「あ、これだ」と、思わずパチリ。
だから、独創性はないのです。(苦笑)

それから余談ですが、
りらさんとijin7wth2さんとコメントの交換が始まったようで、
ご同慶の至りです。(双方のブログで見かけました)
ijin7wth2さんは私がブログを始めた直後、
いろいろと教えて貰った先輩であり、
それ以来のブロ友です。
末永いお付き合いを期待しております。

2013/08/01(木) 21/06|URL|capucino [edit]

黒い屋根瓦と木々の姿に溶けこんだ
西洋からやってきた煉瓦の壁を見ていると
新しい時代という言葉が浮かびました。

もう、疾うに過ぎた時間ですのに、
人の感性は不思議なものです・・・。

お暑い日々、どうぞご自愛くださいませ。

2013/08/02(金) 02/15|URL|25okurokku [edit]

25okurokkuさん、
コメントありがとうございました。

明治5年。
遠い昔となりましたが、
時の政府がフランスの援助で、
当時としては最新の技術を用いて、
この工場を建設した意気込みが感じられますね。

ここから日本は、世界一の生糸生産国、輸出国になっていきました。
外貨獲得の大きな柱だったことでしょう。

25okurokkuさんも、
暑さに負けずお過ごし下さい。

2013/08/02(金) 18/07|URL|capucino [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://capucino.blog15.fc2.com/tb.php/1122-a462854f
富岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/08/02(金) 08:51:27 | ケノーベル エージェント

back to TOP