Photo & Essay

◎  横浜散歩(アメリカ山公園〜外人墓地) 

11月20日に横浜散歩をしてきました。
スタートは元町・中華街駅から。
電車を降りて、
エスカレータでどんどん登って、
最上階から外に出ると、
そこはアメリカ山公園。

アメリカ山公園は、
横浜市中区の横浜外国人墓地の北側の斜面と
みなとみらい線の元町・中華街駅舎上部(東側改札口および元町口)とを
一体的に整備した全国初の立体都市公園である。

(Wikipediaより)


1DSC05260.jpg

アメリカ山公園から見る横浜ベイブリッジ。

橋の上空にトビが飛んでいます。
気温は低いものの、
よく晴れた日でした。



2DSC05265.jpg

少し歩くと自転車が数台。

最近は自転車があると撮っているので、
カメラを向けました。
フェンスの向うは外人墓地です。



3DSC05271.jpg

横浜外人墓地資料館の窓。

資料館に入ってみました。
ここには、
江戸時代末から始まった外国人墓地の歴史と
日本近代化に関わりの深い埋葬者たちの事績が紹介されています。



4DSC05273a.jpg

展示写真。

写真の説明。
カメラを構えるフランス人。
左手の女性はガラス板のネガを用意している。

『写真』
雑貨商として開港直後に来日したアメリカ人フリーマンが、
万延元年中にカメラを取り寄せ、
肖像写真の撮影業を始めた。
これが日本最初の写真館である。
その事業を受け継ぎ、
江戸で開業した鵜飼玉川が日本人の第1号、
横浜最初の営業写真師は文久2年頃開業の下岡蓮杖。

山手の丘にはフリーマンのほか、
蓮杖の写真術習得を助けたとされるラウダー夫人、
蓮杖の弟子白井秀三郎を組んで、
明治17年に横浜写真社を設立したウェルシュが眠っている。


万延元年は1860年。(桜田門外の変)
文久2年は1862年。(生麦事件)



5DSC05276.jpg

資料館を出たところにネコが1匹日向ボッコ。

ネコ好きではないのですが、
何故か見ると撮りたくなります。
でもネコ好きでないことが分かるのか、
近づくと逃げてしまいます。



6DSC05277.jpg

港の見える丘公園の交番。

ホワイトボードの掲示に惹かれました。
交番の掲示はたいてい、
交通事故の件数などなのに・・・
特に「母さん助けて詐欺」という項目に目が行きました。

そして発生件数はすべて "0" !
素晴らしいです。

このブログにはよく俳句を載せますが、
今日は詩です。

時は初冬、
日は午前、
午前は11時、
山手の丘に光満ちて、
鳶ベイブリッジの上に舞い、
猫外人墓地で日向ぼこ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事もなし。

(ロバート・ブラウニング作、上田敏訳「春の朝」による)


COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

capucinoさん

アメリカ山公園から横浜ベイブリッジ
撮影されたのですね
白の斜張橋
綺麗ですよね
アメリカ山公園からの撮影横浜ベイブリッジ
capucinoさんのお写真で初めて拝見したかと思います

外人墓地前の自転車
撮影されたのですね
白系 赤系 黒系
それぞれ異なる色の自転車
良かったですね
この地に置かれていて・・・


横浜外人墓地資料館
入館されたのですね
日本最初の写真館のお話
興味深く拝聴させて頂きました
私は資料館撮影はしたことはありますが
入館したことはありません

交番の件ですが
山手を歩いていると治安の良さを感じます
街の美観も保たれています
ゴミも放棄されていません
自販機もコンビニもファミレスもありません
勿論 パチンコ店等はありません
建築物の規制が厳しいのだと感じます
山手のような 例は日本では 珍しいかと思います
私が 山手に魅了される 一つの理由です

今回のシリーズ
期待上々です

2013/11/22(金) 18/49|URL|香月 りら [edit]

りらさん、
コメントありがとうございます。

アメリカ山公園というのが始めてでしたから、
そこからのベイブリッジ撮影も始めてです。
よく覚えていてくれましたね。

自転車が3台並んでいるだけでは・・・
なのですが、
フェンスの向うが外人墓地だと説明するのに役立ちました。

横浜外人墓地資料館は始めて入りました。
沢山展示されていましたが、
写真の話があったので、それだけ撮ってきました。

山手地区が特別なのか、知りませんが、
非常に手を掛けて管理していると感じました。
横浜市の取り組みが素晴らしいのでしょうが、
協力している人たち(多分ボランティアだと思いますが)、
その人たちの努力も大きいのでしょうね。

この地域に詳しいりらさんに、
「期待」なんかされると緊張します。(^_^)

2013/11/22(金) 20/33|URL|capucino [edit]

capucinoさん、おはようございます♪

お天気のよい日に気持ちよく歩かれたのでしょうか。
素敵なお土産を沢山持ち帰られたのですね♪
日向ぼっこの猫~(私的には嬉しい一枚、笑)
止められている自転車もなんとなくおしゃれっぽいですし
交番のホワイトボードからはこの町の治安が良いことも感じられて
クリーンな街の雰囲気が漂っています。
横浜の街、よいですね♪

山手の丘で眠っている写真館に関った人たちが現代のカメラを見たら・・・
なんて想像して楽しんだりもしました(笑)

2013/11/22(金) 23/20|URL|Mika [edit]

父の乗船している船が鶴見のドックに入ったので、ちょうど良い機会だから遊びに行こう、ということで初めて山手の街を歩きました。昭和34年、福島県の片田舎の小学生でした。当時はまだ、接収解除になっていないところも少なからず残っていて、子供心に複雑な思いがしたものでした。
その父は、今は外人墓地と接しているカトリック墓地に眠っています。
11月は死者の月なので、久しぶりに墓参をしました。
もしかしたら、近くを歩いていたかもしれませんね。

2013/11/23(土) 14/53|URL|AzTak [edit]

Mikaさん、
コメントありがとうございます。

とてもよい天気に恵まれました。
15人もの団体で歩いたのですよ。
晴れ男、晴れ女の集団なのかも知れませんね。

Mikaさんはネコをよく撮りますよね。
ほかのブログでもネコはよく見かけますので、
感化されているのか、ネコを見ると撮りたくなります。
昔ネコ好きな方から教わったのですが、
時間をかけて、見つめ合うとかして、
ネコと心が通じてから撮ればいいショットが撮れるそうです。
そこまでやらないから、すぐ逃げられてしまいます。(苦笑)

ガラス板に感光させていたのがデジタルに変わったのですから、
大変な変化ですね。誰でも簡単に撮れるようになりました。

2013/11/23(土) 23/06|URL|capucino [edit]

AzTakさん、
コメントありがとうございます。

お父様は船に乗っておられたのですか。
お父様に会ったり、船を見たり、山手の街を見物したり、
少年だったAzTakさんにとって、懐かしい思い出なのですね。

現在は港の見える丘公園から見下ろすと、
ベイブリッジやら、いろんな建物などが立ち並んでいますが、
そのころは海が広々と見えていたことでしょうね。 

お父様は外人墓地のすぐそばのお墓の中のお眠りですか。
その近くを散歩していたわけですね。
不思議な気持ちがします。

2013/11/23(土) 23/17|URL|capucino [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://capucino.blog15.fc2.com/tb.php/1231-71a144bd
横浜市中区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/11/23(土) 09:06:52 | ケノーベル エージェント

back to TOP